Wednesday, 31 October 2007

ウェールズから下町ロンドンへ

ウェールズを後にする前に、ぜひウェールズの首都である『Cardiff(カーディフ)に寄ってみたい!』というねこなすの要望により、ロンドンへ帰る前にちょっと寄り道。

Cardiff Bay(カーディフ・ベイ)はThe National Assembly for Wales(ウェールズ議会)ができると決まるとともに大発展。

そしてその議会もこのベイ・エリアにあるのです。





この議会がまた素敵!リチャード・ロジャーズによるデザインで、ウェールズを代表する建築材スレート(粘板岩)、木材、ガラスなどの自然資材を多用。ディーテールに要注目。

ねこなす一家もウェールズ議会を見学。中に入るまでにセキュリティがあって、そこを通過すると議会。

私達が行った時も討議中で、2階から一部見学できます。

このベイ・エリアには他にもショッピング、レストラン、ミレニアム・センターなどが集まっています。

このWelsh Millennium Centre(ウェルシュ・ミレニアム・センター)でもスレートが大活躍。

ウェールズの建物だなって感じがヒシヒシと伝わってきます。





カーディフの中心地ではどこもかしこも工事中。

ここには大きなショッピング・モールができるそう。「St David's 2」という名のショッピング・モールは2009年に完成予定で、ジョン・ルイスも入店するそうですよ。









そして目指すはカーディフ・マーケット。ダンナがいうにはここにlaverbread(ラヴァーブレッド)があるに違いないということでした。







そして彼の感はあたったのです!

あったよ、あった!!

何をホザクか、ねこなすよ…という方はこちらへどうぞ。謎が解けるでしょう。

そしてマーケットの中はこんなふう。たくさんの肉屋が目についたのは私の気のせい?




日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
ラヴァーブレッドってこんなのだったの、と思ったらクリックをお願いいたします!
 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

No comments:

Post a Comment