Monday, 24 August 2015

マレーシアでの長距離移動は?

数日間、調子がよかったビリーなのですが・・・
↓↓↓
結婚記念日と膵炎

また今朝からちょっと不調。

土曜日からお薬は一旦止めたのだけど、再開して様子を見てます。

さて・・・

今年の我が家のホリデイは、シンガポールから始まったのですが、メインはマレーシアでした。
↓↓↓
ただいま〜!スペシャルな今年のホリデイ♪
シンガポールの素敵な夜景
シンガポールの水族館

旅行の計画も、マレーシアを中心にバックパッカーを基本として考えたのですが、なにせ1〜2人ならともかく、家族4人で移動なのでけっこう大変。

その日の気分で移動っていうのは、ちょっとムリね。

ってことで、とりあえず移動の大まかな計画をしてから、予約を入れたのは・・・

1)マレーシア国内移動のための飛行機
2)各地でのホテル
3)島へ移動するためのフェリー

だったのですが、これがけっこう正解。

というのも、移動してからホテルを探すという手間も省けたし・・・

なんだかちょうどイスラム教徒のお祭(ラマダン明けを祝う休日)とかもあって、けっこうあちこち混雑していたからです。

それに、今はインターネットもあるので、予約もラクにできるしね〜。

また、シンガポールからマレーシアに移動する場合・・・

なるべく出費を抑えたいなら、すべてをシンガポールで手配するよりも、手間がかかっても、まずはマレーシア国境を越えることをオススメします。

なぜなら、国境を越えるだけで、ホテル代、バス代、タクシー代、食費などが、シンガポールに比べるとかなり安くなるからです。

私たちもダンナの仕事関係もあって、ホリデイ第1日目は、午後からシンガポールからマレーシア国境を越えたJohor Bahru(ジョホール・バル)に移動。

ジョホール・バルで1泊して、マレーシア通貨のマレーシア・リンギット(MYRまたはRM)を手に入れて、マレーシア内の移動に備えました。

翌日、ジョホール・バルから向かったのはMersing(メルシン)。

メルシンからフェリーに乗って、Pulau Tioman(ティオマン島)に行くためです〜。

ちなみに、ティオマン島の位置はココ。


以前は、シンガポールやクアラルンプールから飛行機でも行けたのですが、どうも昨年から飛行機はなくなってしまったようです。

だから、ティオマン島に行くにはフェリーで行くしかないのですが・・・

フェリー会社も減ってしまったみたいで、昔はけっこうガラガラだったフェリーも、予約なしではちょっと乗船が難しいかも、という状況のようですね。

ちなみに、私が予約するとき使ったのは、こちらのウェブサイト。
↓↓↓
Island Connection Travel&Tours(M)Sdn Bhd

ウェブサイトによっては、ちょっと多めに料金を設定しているところもあるので注意です。

2015年現在、メルシン・ティオマン島間は、片道大人RM35(子供RM30)になってます。

ところで、メルシンまでの移動は、ほんとは長距離バスで行くつもりだったのですが・・・

ジョホール・バル始発の長距離バスでも、ちょっとフェリーの時間に間に合わないかも?、という微妙な時間だったので、長距離タクシーを利用しました。

長距離タクシーは、ジョホール・バルの長距離バス発着ターミナルである、Larkin Transport Terminal Complex and Central Market(ラーキン・バス・ターミナル)にあります。

ジョホール・バルからメルシンまでは、約136kmあるらしいのですが・・・

タクシーだと約1時間半〜2時間かかったのですが、料金はなんとRM250でした!

現在のレートだと日本円で約7000円と、もちろんマレーシア基準からすると高いですが、かなり安いですよね〜。

長距離タクシーを利用したのは、これが最初で最後だったのですが、家族で移動する場合は、けっこう手軽だし時間の短縮にもなるのでいいかもしれませんね。

でもこれがバスだとさらに安くて、1人RM12〜RM18と激安です。

家族4人でも、2000円以下ってこと!

ちなみに、ティオマン島で知り合ったカップルによると・・・

シンガポールのチャンギ国際空港から、直接そのままタクシーでメルシンに行ったそうですが、料金はS$350(シンガポール・ドル)だったそうです。

もちろん、ジョホール・バルからよりも距離は遠いですが(+約40km)、日本円に換算してみると29000円と、マレーシア側からの長距離タクシーの約4倍。

私たちのジョホール・バル1泊を計算に入れても、さらに安く上がった計算になるのです。

マレーシアの長距離タクシーと長距離バス、かなりオススメです。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国政府観光庁オフィシャル・ショップ スペシャル・オファー

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment