Monday, 7 July 2014

お隣に泥棒!

いよいよ今日、自転車ロードレースの世界最高峰といわれるTour de France(ツール・ド・フランス)が下町にやってきます〜。
↓↓↓
ツール・ド・フランス、下町ロンドンにやってくる

週末、ヨークシャー州でスタートしたツール・ド・フランスですが、今日レース第3日目はケンブリッジからロンドンのバッキンガム宮殿前までの155km。

通過予想時間前にちょっと見学に行ってみますが、おそらく通過するのはあっという間でしょうね。

さて・・・

先ほど、ドアのチャイムが鳴りました。

郵便屋さんにしては、ちょっと時間がいつもより早いな、なんて思ったら・・・

なんと警察官。

何かと思ったら、昨夜、お隣に泥棒が入ったのだそうです!

それも、お隣が留守だったわけではなく、2階の寝室で寝ていたそう。

お隣には、3歳になったばかりの幼児もいるので、ゾッとします。

詳しい事情はまだわからないけど、泥棒は家の前にあった車も乗っていってしまったらしいです。

ずっと前には、お隣に住んでいたおじさんのヴァンも盗まれたことあったし(家の中には入られず)。

おじさん、ビルダー(大工みたいの)だったから、ヴァンの中に入っていた工具などの商売道具ごと、ごっそり持っていかれてしまいました。

今年の3月にも、近所で泥棒が入っていたし・・・
↓↓↓
泥棒を目撃!?

我が家の防犯も、いつもより気をつけないと!

といっても、以前、我が家にも泥棒が入ったことがあるので、防犯には普段から力が入ってますが。
↓↓↓
ねこなす家の泥棒事件簿(その1)
ねこなす家の泥棒事件簿(その2)
ねこなす家の泥棒事件簿(その3)

泥棒にやられると、よく言われることは・・・

また来るかもしれないから気をつけろ、ってことです。

というのも、泥棒は1度家の中を物色しているので、何がどこにあるのかわかっているから、チャンスがあれば同じ家に戻ることが多いらしいのです。

泥棒に入られた人しかわからないかもしれませんが・・・

泥棒に自分の物を盗まれることはもちろん悔しいけど、、、

なんというか、プライバシーを侵害された怒りというか、安全なはずのテリトリーである自分の家に侵入されたことに対する憤慨のほうが大きいような気がします。

お天気が良くなると気が緩んで、窓やパティオのドアの閉め忘れとか、鍵をかけるのを忘れたり、ということがあるかもしれません。

ほんと、みなさんもくれぐれも気をつけてくださいね〜。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

英国政府観光庁オフィシャル・ショップ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. うわー、気持ち悪い…
    お隣、無事でよかったけど
    車まで盗られるとは!
    (商売道具も)
    ほんと、気を付けないとですね。
    うちも、窓開けっ放しとか、気を付けよう…。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    お隣の車は、あのあと発見されたのです!
    で、ちゃんと修理もして今はお隣に戻ってきました。
    それにしても、ほんと油断禁物ですね。
    ところで、商売道具の入ったヴァンは、以前、お隣に住んでいた人ので、今回泥棒に入られた家族とは別なのです〜。

    ReplyDelete