Friday, 5 July 2013

カーディフの大学見学

先月から、長女と一緒に何度か行っている、大学見学。
↓↓↓
リーズの大学見学
ロンドンの大学見学と下町散策
サリー州の大学見学

昨日は、長女が私の友人の娘さん(現役大学生)と待ち合わせをして、University College Londonをちょっと見学。

なかなか面白かったみたい。

そして、今日は早起きしてここへ向かいました〜。



パディントン駅です。

ここから約2時間で到着したのは・・・



Cardiff Central(カーディフ・セントラル)駅。

ウェールズ語で、Caerdydd Canologって言うらしいですが、なんて発音するんだか。(爆)

カーディフ大学は、実はダンナの出身校で、長女にも行って欲しかったらしく、なんとなく無理矢理大学見学に行かされた、って感じだったのですけどね。(笑)

行く前から、「カーディフなんて行かないよ」と頑なに言っていた長女。

でも、まぁとにかく行ってみようということで、今日のオープン・デイに行ってきたのでした〜。

カーディフ・セントラルの駅から、市内を散歩しながら・・・



ウェールズの国旗があちこちに靡いている道をズンズン行って、カーディフ城の横を横切り・・・



シティー・ホール(市庁舎)↑と博物館の横を行くと、そこはもうカーディフ大学でした。

カーディフに行ったのはこれで2回目なのですが、前回は車だったし、よく位置関係がわかっていなかったので、大学がこんなにセンターの近くにあるとは知らなかったけど。
↓↓↓
ウェールズから下町ロンドンへ

カーディフ大学は、厳密にはキャンパス大学ではないのですが、雰囲気は十分キャンパス。

それに、シティ・センターからもすぐ、っていうのがいいですね〜。

あんなに頑なにイヤだと言っていた長女も、行ってみたらかなり気に入ったようでした。(笑)

お天気がよかったことも、1つの要因になったかも?

特に、この生物学部のコースが長女にもピッタリで、リーズ大学と互角といった感じ。



とにかく、学科のプログラムが一番大事なポイントだからね〜。



生物学部の建物はあんまり素敵ではなかったけど、他の建物の中にはなかなか歴史を感じさせるものもありました。

何十年も前に、この周辺を若い頃のダンナが徘徊していたと思うと可笑しい〜。

大学見学をしたあと、まだ帰りの電車まで時間があったので、こんなところへも寄り道。



Morgan Arcade(モーガン・アーケード)にあるカフェで、クリーム・ティーを食べました。



ちょっとスコーンは膨らみが足りない感じだったけど、味はまぁまぁ。

歩き疲れていたので、ちょうどよい休憩になりました。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. おおお!ここも良さそうー!
    パパと同窓にもなれるし。
    同窓、楽しいんですよ。
    ひょんたろうが、猫夫の後輩になりましたが
    やっぱりね、話が盛り上がってますよ。
    あーだこーだと(笑)
    アテクシらにはわからない話で。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    ここもよかったですー。
    というか、ダンナの罠にハマったような?(爆)
    私は行く前から、ネット情報でたぶん長女は気に入ることになるとは予想していましたけどね。
    長女、まんまと罠にかかり悔しがってました。
    猫夫さん、ひょんたろう君が後輩で周囲に自慢しまくってるのでは?(笑)

    ReplyDelete