Monday, 18 June 2012

核廃棄物は湖水地方へ?

昨日の日曜日は、父の日でしたね。

うちの子供たちは、ダンナに何も用意していない様子だったので、私がカードとちょっとしたプレゼント(日用品ですが)を用意。(爆)

でも、長女がとっても素敵なメッセージを書いていたので、ダンナは喜んでいました。

長男のメッセージは短過ぎて、なんだかね。(笑)

さて・・・

日本では大飯原発の再稼働が決定したようですね。

福島原発の事故の原因もはっきりしないままに、かなり無責任なことだと思いますが。

それに、核廃棄物問題を解決して安全な貯蔵所を作らない限り、子供たちに負の財産を残すのみです。

今だに放射性物質を含む瓦礫の処理も出来ないのに、原発の再稼働に力を入れるという神経が理解不可能。

さて・・・

核廃棄物の処理問題は、イギリスでも同じ。

イギリスでは2040年までに、地下貯蔵所を建設したい、とのことで、現在、カンブリア州の原発のあるSellafield(セラフィールド)の近くのLake District(湖水地方)と、ケント州のDungeness(ダンジェネス)の近くのRomney Marshes(ロムニー湿地帯)が、核廃棄物貯蔵所として候補にあがっています。

もちろん、付近住民は反対でしょうけど。

と思ったら、セラフィールドのあるコープランドでは、住民の68%が賛成なんだそうです。
↓↓↓
Nuclear waste store gains public backing

でも、この辺りでは住民の3分の1が、原発関係の仕事に就いているらしいので、ちょっと納得。

長期間の核廃棄物貯蔵であるわけだし、地下水や地盤が安全であるという、地層や地質の研究での裏付けは必須でしょうね。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」

Project Fumbaro Eastern Japan
Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal)
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
JustGiving
Central Community Chest of Japan

日本赤十字/義援金
JustGiving Japan
CIVIC FORCE
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金
被災地支援表明ウェブサイト「できること」
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
JPF(ジャパン・プラットフォーム)
赤い羽根の共同募金
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. んもう、原発世界中からなくなってほしいのに。
    再稼働してもしなくても、核燃料がそこにある限り危ないんですよねー;
    世界中の核物質をロケットにでも積んで
    年中核爆発してる太陽にでも打ち込むしかないのでは?
    でも、そのロケットの発射が失敗したら、地球滅亡ですが(爆)
    まったく、とんでもないものを作ったなり;
    処理できないもんを作るなや(怒)

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    まったく、その通りですよ。
    今までのも野放し状態。
    早く、どうにか処理を考えてくれないと、というか、原発やる前に、核廃棄物をどうするかをなんで考えなかったのでしょうね?
    私もロケット作戦を思いましたが、失敗があり得るので怖いですよね、やはり。(笑)

    ReplyDelete