Saturday, 26 May 2012

高濃度の黒い物質はどうなるの?

以前、増減を繰り返すセシウム降下量にも登場した、黒い物質・・・セシウムに高濃度汚染された藍藻類。



福島県の南相馬市議会議員である大山こういち氏が、地道に資料を集めていらっしゃいます。

なんと、南相馬市では、5,570,000Bq/kg(小高区金谷)なんて、数値も出ています。



これだけ証拠を集めても、市、県、国は何も動かないのですね。

それに・・・

最近、黒い物質(セシウムに高濃度汚染された藍藻類)は、東京でも観測されているようです。

NO!放射能「東京連合こども守る会」が行った調査によると、90,940 Bq/kg(江東区内)や215,689Bq/kg(江戸川区内)という数値が出ているそうです。

詳しくは、こちらからどうぞ。
↓↓↓
高濃度「黒い物質」情報

この10万〜20万Bq/kg以上っていうのは、飛散防止策を講じて埋め立て処分にするという焼却灰の8000Bq/kgを、さらに上回った数値です。

8000Bq/kgだって、まったく安全とは言えない数値なのに〜。

でも、この黒い物質は、放置されたまま。

もちろん、その周辺は隔離されているわけでもなく、子供たちが遊んだり、人が通ったりしているままです。

誰がちゃんと処理してくれるのでしょうね?

きっと、同じような黒い物質は、東日本各地に存在しているのでしょう。

自治体や国は、せっかく都合良く集まっている黒い物質を、1日も早く取り除くべきかと思います。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」

Project Fumbaro Eastern Japan
Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal)
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
JustGiving
Central Community Chest of Japan

日本赤十字/義援金
JustGiving Japan
CIVIC FORCE
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金
被災地支援表明ウェブサイト「できること」
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
JPF(ジャパン・プラットフォーム)
赤い羽根の共同募金
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

↓              ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. なんだこりゃ~!
    水俣病が、どういう経緯をたどったのか
    みんな忘れてしまったの…?

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    自治体も国も、気がついてても、回収や処理にお金がかかるからムシしてるのでしょうか。
    あとから、大変なことになるのに。

    ReplyDelete