Thursday, 21 October 2010

下町の味、パイ&マッシュ

この下町ロンドンに住んでもう16年経つのですが・・・

下町名物を口にしたのは今までに2回だけ。

1回目は、メルマガありのまま…主婦の下町ロンドン(37)でご紹介したjellied eel(ジェリード・イール)。

その頃はまだブログを始めていなかったので、写真もないのですけどねー。

でも、あのジェリード・イールは、マズくはなかったけどゴツゴツとした骨がイマイチ。

あの骨さえどうにかすれば、悪くないんだけどな〜。

でも見かけがグロテスクなので、あまり食欲をそそるとは言えませんね。(笑)

そして・・・やっとこの前2回目の体験。

下町名物の一つである、pie&mash(パイ&マッシュ)を食べてきました。

ジェリード・イールも一緒に食べようかと思ったけど、とりあえずパイ&マッシュだけにしておきました。

ジェリード・イールと同じように、食欲をそそるとは言えない様相。(汗)

パイは牛挽肉と思われるものが入っています。

白いアイスクリームのように、丸くお皿に盛られているのがマッシュ、すなわちマッシュポテト。

この溢れるようにお皿に注がれているのは、eel liquor sauce(イール・リカー・ソース)というパセリのソースです。

なんでそう呼ばれるのかというと、伝統的にウナギを煮たお湯をベースにこのソースを作るためだとか。

あ、リカーといってもお酒類は入ってないですよ〜。

全体的に塩味は薄めなので、私にはちょうどいい感じ。

が・・・

美味しいとは言えませんね、これ。(爆)

昔から、ジェリード・イール、stewed eels(シチュード・イール)とかパイ&マッシュって、労働者階級の食なんだそうです。

たしかにウナギとかって栄養あるし、見た目が悪いけど栄養のバランスがいいのでしょうね。

私が食べに行ったときも、けっこう混んでいてビックリ。

周辺で働いている工事のおじさんとか、家族連れとかいろいろです。

その場で食べる人もいたし、タッパー容器とかを持参しテイクアウトしていたおじいさんもいました。

下町の食、地元の人にはまだまだ人気があるようです。

次回はシチュード・イール(ウナギのシチュー)に挑戦だ!

っていつのことになるやら?



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

4 comments:

  1. 確かに、あまり美味しそうに見えない;
    写真が出るのに時間がかかったので
    どんなんだろう~?と、かなり色々予想したんですが
    全然予想だにしなかった姿で、ビックリしました(笑)
    んー。
    やっぱ、ウナギはかば焼きですわよね。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    そうですよね、やっぱり。
    あのリカー・ソースの中にパイとマッシュが浮かんでいる感じが、ちょっとね。
    パイに焦げが入ってるし。(笑)
    ウナギは見た目からも味からも蒲焼きですわよ、絶対に。
    そういえばこの前、日本食品店で蒲焼きが売っていたのですが、産地がかの国産で出た手を引っ込めました。(笑)
    日本で国産ウナギを食べた〜い!

    ReplyDelete
  3. わたしも、、、ここ行きたいです。
    何度か前を通ったことはあるんですけど、、、
    夫は昔よく行ったと、、、私も、、、食べたい!!ジェリードイール。テスコで時々買います。
    私大好き!!

    ReplyDelete
  4. eithbedさん、こんにちは〜。

    えー、eithbedさんたちも以前は下町に?!
    ジェリード・イールが食べたいとは、かなり通ですね。(笑)
    私はあのグロテスクな見かけにちょっと引いてしまうんですけど〜。
    味はいいんですけどね、たしかに。
    今度はあのウナギのシチューを食べてみようかな、と思ってますが、あのぶつ切り状態がなんとも・・・。

    ReplyDelete