Friday, 13 February 2009

地中に埋まっている管は?

ここ数ヶ月この一帯で、ガス会社が古いパイプを取り替える作業を行なっているのですが、、、

うちにその連絡が来たのが、昨年11月。

それもその予定が、ちょうど我が家の窓の入れ替えの時のあたりで、窓屋の道路アクセスなどちょっと心配していました。

でも大した問題もなく、作業は進んでいたのです。

で、このガス会社の作業、年内に終わるはずだったのに、ズルズルとずれ込みもう2月中旬。

一度パイプを取り替えるために掘り返したところを、また掘り返し、今度は各家庭に繋がるパイプを変換するようです。

その時に、各家庭のガス供給を一時止めなければならず、家に出入りするということは知らされていたのですが、その日時を知らせるハガキがポストに入っていました。

そしてその12日、ずっと午前中から待っていたのですが何もなし。

工事中だった作業員に聞いてみると、大元のパイプに問題があって作業が遅れているとのこと。

早く言ってよねー、まったく。

それで今日あるのかと思えば、音沙汰なし。

こんなふうに、近所の歩道もなども掘り起こされて、覗き込んでみると地中にいろいろなパイプが並んでいるんですよね。

それに雨が降ったためか、水が溜まっていたり・・・

他の場所では、水道管をわったらしく、水がチョロチョロ流れているし〜。

そしてその作業員のお兄さんが見せてくれたのは、我が家に繋がる黄色いガスパイプ。

こんな細い柔なパイプで大丈夫なんですかね?

その上、このまま何日も放置ですから。

これ、誰かがパイプをきってタバコなんか投げ入れたら最後、下町ロンドンは火の海ですよ。

そんなこと考えながら長男を小学校へ迎えにいったら、「作業は2月17日です」というハガキが入っていました。

これ以上の延期は勘弁してくださいね。

それから・・・

あちらこちらの穴に溜まった水やゴミ。

まさかこのまま埋められるのかしらん、と思っていたら今日こんなものがやってきました。

どでかい掃除機とでもいうようなトラックです。

その名も「Vroom(ブルーム)」。

これで、スゴい爆音をたてながら全部吸い取ってました。

ブルーム、17日にもきてくれるのかな?



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

4 comments:

  1. なんか、遠くから見てるだけでも不安になりますわよ。
    こんな放置状態で大丈夫ですかね…。
    あと、ガスの管、確かに柔ですわ;
    早くきれいにして埋めてほしい…。
    工事が進むことをお祈りしています。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    そうでしょうー。
    近いからなお不安。
    下町ロンドンでガス爆発ってなったら、うちですから。
    数日このままで大丈夫か?
    17日は外出する予定もあるので、工事につきあってられないのよね。

    ReplyDelete
  3. イギリスは電柱が(田舎以外)ない点、
    地にいろいろ埋まっているですよね。
    ガスではないけれど、義母宅でも
    自分の土地以内に埋まっている排水溝が
    詰まると自己責任ということで大変そうでした。
    結局、つまりの原因は3軒先の家でどの家の
    保険会社が負担するとかしないとか、
    保険会社も責任を取りたくないですから、
    義母と近所の世帯はたらい回しなった後、
    ようやく(1年かかりました~)解決に
    向かっているようです。

    イギリスで焦っては無駄とはいえ、
    無事に工事が終了します様に。

    ReplyDelete
  4. Chamaさん、こんにちは〜。

    電柱がないのは景観上良いけれど、こういう作業の時に困ります。
    それも一斉に工事してくれれば良いけれど、みんなバラバラだし。
    掘って埋めてはまた掘って〜。
    排水溝は大変かもー。
    うちも排水溝があるのよね、、、エンド・オブ・テラスだから。
    私も大したことでは驚かなくなりましたが、やっぱりこの国のやり方は無駄が多すぎです。

    ReplyDelete