Wednesday, 10 September 2008

オランダのエコ事情ってどう?

私達が滞在した北海沿いの海岸で見つけた、楽しいアート。

これ全て、リサイクルされたもので作ってあるそうです。

それも生分解性材料なのでゴミにもなりません。

このままもし崩れてしまっても、アートから土へ戻るだけ。

とってもエコなアートですね。

こんな素敵なアートに目を奪われていたり・・・

北海沿いの自転車道から見える、ソーラーパネルと植物のある屋根に自転車をこぐ脚を止めてみたり。

こんなエコな家を見て『素敵〜!』とため息をついていたねこなす。

でも肝心かなめのホリデイ・リゾートのリサイクルは、なんともお粗末なものでした。

ガラス瓶と紙のみのリサイクル。

缶やプラスチックはどうなの?!

ホリデイ・リゾートの周辺を見てみても、区分けのあるゴミ収集所は見当たらなかったのですが・・・。

週に何回かいっていた大きなスーパーマーケットのところには、プラスチック・ボトルの回収機があったので、そこまで持っていってました。

各家庭からのリサイクルの回収はどうなっているのかな。

そしてガイドブックにも、「It's everywhere.(あちこちにあります。)」と出ていたものはこれ。

なんと犬の糞の始末をしない人が多いみたいです。

ここ以外には見かけることはなかったのですが、このサインは海岸沿いにあったものです。

このイラストから察すると、「糞の始末をしましょう、でないと罰金」みたいなことが書かれているのだろうけど。

海岸からちょっと離れた途端、足元を確認しながら歩かないといけません。

これは地方に限らず、アムステルダムの都市でもそういう感じ。

あちこちで落とし物を見かけました。

きれいな街並に気をとられていると、ほんとに危な〜い。

下町ロンドンも糞害事情についてはオランダに負けてませんけどね。



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ



答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

楽天トラベル 海外航空券予約

4 comments:

  1. 海岸アート、なるほど~、とってもユニーク☆見て、崩れて、地球に戻る、良く出来ています!歩いていて自然にアートが目に入る環境、素晴らしい意識ですね。

    なかなかイケるデザインですよ。サインの効果が低いとは、悲しいです。イギリスで何度も靴が臭くなった経験ありま~す(辛)。

    ReplyDelete
  2. chamaさん、こんにちは〜。

    この海岸線に、いくつもアートが並んであったんですよ。ここに載せたのは一番のお気に入りです。
    犬の落とし物は、街並の印象をどっとズリ下げてしまいます〜。みんな住みにくいと思わないのかな?でも唯一デルフトでは落とし物を見ませんでしたよ!

    ReplyDelete
  3. おっとー、エコなのかそうでないのか。
    ちょっと片手落ち?
    糞害も、困りますね;
    そういうところは、日本の愛犬家のみなさんの方がしっかりしてるような気がします。
    あんまり落ちてないですよ。
    標識はお洒落ですが。

    ReplyDelete
  4. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    「かなりエコの先端のはず」と思いながら行ったので、なんだか肩すかしですよ。
    イギリスのワイト島にあるキャンプ場の方が、よっぽどエコでした。
    糞害はどこにいっても困ります〜。
    パリも酷いけど、ヨーロッパってなんだか糞はあまり気にならないのでしょうか?それでもって靴は履いたまま家に入ってしまうし〜。もっと日本を見習って欲しい気がします。

    ReplyDelete