Friday, 20 November 2015

犬・猫用の漢方薬?

昨年あたりからちょっと不調で、今年の夏に獣医さんにPancreatitis(膵炎)だと診断されたビリーですが・・・
↓↓↓
結婚記念日と膵炎

夏からずっと、Hills i/d(ヒルズi/d)のドライ&缶詰の処方食のみで過ごしています。

未だに、たまに食欲がなくなったり吐いたりするのですが、ほとんど元のようになってホッとしています。

でも獣医さんに言われた、「これからもよくなることはなくて、ただ膵炎を管理することのみ」というのがなんだかな〜って感じ。

この間、友人のYさんにビリーのことを話していたら、人間の膵炎は治ると言われて、それなら犬だって完治できるのでは?と色々調べることにしました。

ちょうど同じ時期に、ダンナの知り合いも、ペットの犬に人間の同じ病気に効くというハーブをあげている、と聞いたし・・・

もちろん、人間と同じものをあげるのはペットには危険な場合もあるし、気をつけないとダメだけどね。

それでも、ビリーの具合が悪い時に飲ませる獣医さんで購入する薬は、たった10〜12錠だけでも£70くらいもするから・・・

もっと安価な他の方法で自然治癒できるなら、とちょっと調べてみようと思ったのでした。

で、膵炎や消化器官に効くものを調べていたら・・・

犬・猫用のいいものを発見!


ドーセット州にあるDorwest(ドーウェスト)社のTree Barks Powder(樹皮パウダー)です。
↓↓↓
Tree Barks Powder(樹皮パウダー)

成分は、90%がSlippery Elm bark(スリッパリー・エルム/アカニレ樹皮)と10%がWhite Poplar bark(ホワイト・ポプラ/ハコヤナギ樹皮)だそうです。


匂いを嗅いでみると、なんか漢方薬みたいな匂いなのですが・・・(笑)

なんとこの成分って人間のハーブでも使われていて、アカニレは胃腸の消化機能を高めたりするらしいし、ハコヤナギは消炎性があって鎮痛剤として使われているとか。

これなら常用しても安全だし、ビリーの場合は、小さなスプーン1杯弱を毎日餌に入れるだけです。

とりあえず、昨日の夜からスプーンの半分くらいを餌に混ぜ始めたので、このまま続けてビリーの様子を見てみます。

これで、ビリーの調子を保てるといいな〜♪




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国政府観光庁オフィシャル・ショップ スペシャル・オファー

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment