Thursday, 19 March 2015

80年代の懐かしいサウンド、スパンダー・バレエ♪

昨夜は、久し振りにコンサートへ行ってきました〜。

というのも、友人Aが格安チケットを手に入れてくれたから。(笑)

会場はここ。


North Greenwich(ノース・グリニッジ)にあるO2 Arena(O2アリーナ)です。


O2アリーナに行くのも数年振りと久し振りだったのですが、なんか展示エリアがいろいろ変わっててビックリ。

そして、いよいよコンサートが始まりました・・・


懐かし〜い、面々が登場。


遠過ぎて、よく見えませんが・・・(笑)

Spandau Ballet(スパンダー・バレエ)!!

オリジナルのメンバーが勢揃いで、嬉しい限りです・・・

みんなすっかりおじさんになってたけど。(爆)

マーティンなんて、白髪の紳士と化してました。

スパンダー・バレエって、私がまだ若かった10代の頃、1980年代にとっても人気があったバンドの1つですが・・・

私はどっちかっていうと同時期のバンドだと、デュラン・デュラン、ヒューマン・リーグ、ユーリズミックスとかのほうが好きだったのですよね〜。

でも、大ファンでもなかったのに、新しい曲以外,全部知ってたし。(爆)

ほんと懐かしいな、この時期のバンドってー!!

先月亡くなったばかりの、Steve Strange(スティーヴ・ストレンジ)氏を偲んで、Blitz・Medley(ブリッツ・メドレー)なんかもやってくれました。


コンサート途中では、トニーとギャリーが突然アリーナのフロアに登場して・・・


「Empty Spaces(エンプティー・スペース)」と「Gold(ゴールド)」を、ギャリーのギターとトニーのボーカルだけでじっくり聴かせてくれて感動〜。


最後は、「True(トゥルー)」で一旦〆てから・・・


アンコールは「Through the Barricades(スルー・ザ・バリケード)」と再びメンバー全員で「Gold(ゴールド)」!


会場は、たぶん平均年齢もかなり高かったのですが・・・(笑)

かなり盛り上がって、みんなで踊りまくってました。

そして、昨年公開されたという、スパンダー・バレエのドキュメンタリー映画「Soul Boys of the Western World(ソウル・ボーイズ・オヴ・ザ・ウェスターン・ワールド)」っていうのがあるですが・・・



この映像が、コンサート中に流れたりして、たしかに懐かしいんだけど、当時の髪型や服装に思わず吹き出しちゃったり。(爆)

本人たちも楽しそうに観てましたね〜。

これは数年前にO2アリーナで行われた、復活コンサートの模様ですが・・・(笑)



昨夜のコンサートも、ほんとこんな感じでした。

O2アリーナは、ちょっと大き過ぎるので、もう少し小さめの音響がいい会場がいいのだけどね。

今回、ダンナも行きたがっていたのですが、ちょうど仕事の予定が入っててダメ、かと思ったのですが、後から考えてみたら、時間的にも大丈夫だったのですよね。(笑)

ダンナ悔しがってたので、また機会があったら、ダンナと一緒にぜひ行ってみたいと思いました。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

英国政府観光庁オフィシャル・ショップ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment