Friday, 21 March 2014

女性器切除で初起訴

以前、ブログでも触れたイギリスのfemale genital mutilation(FGM/女性器切除)への取り締まりですが・・・
↓↓↓
女性器切除への取り締まり強化

つい2〜3日前には、2009年からロンドンの病院だけでおよそ4000人の患者さんが、女性器切除の被害者であることが報告されました。
↓↓↓
Female genital mutilation: London hospitals treat 4,000 patients
女性器切除:4000人の患者をロンドンの病院で治療(BBC)

被害者はかなりいるものの、現在までに起訴まで持ち込めたケースはまったくありません。

女性器切除がイギリス国内で違法になったのが1985年。

そして国内から女の子を連れ出して、合法となっている外国で女性器切除手術を行うことも違法になったのが2003年、というのにです。

ロンドンだけで限られた期間にこんなに被害者がいるわけですが、なんとイギリス全体では6万6千人の女性や女の子が女性器切除の被害者であると言われています。

でも、今日初めて2人の男性が起訴されたそうです〜!
↓↓↓
Two men first to be charged in UK under FGM Act
2人の男性がFGM法のもとイギリスで初起訴される(ガーディアン紙)

これは2012年にロンドン北のウィティントン病院で起こったもので、男性の1人は医師です。

その病院で出産した女性が以前受けた女性器切除されたところを治療、また、その医師がもともと女性器切除を行ったという疑いだそうです。

この2人の男性がほんとに有罪になるかどうかは別として・・・

これをきっかけに、もっと多くの被害者たちの声が反映されるように起訴が増えるといいのにと思います。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

英国政府観光庁オフィシャル・ショップ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. 考えただけでも痛いんですけど…。
    これは許せないですよ。
    どんどん取り締まるべき!

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    ほんとにヒドいですよね。
    イギリス国内だけでなく、世界的に草の根運動で撲滅していかないと、難しい問題ですね。

    ReplyDelete