Wednesday, 5 June 2013

続・ネオニコチノイド系農薬が一時使用禁止

ヨーロッパでこの間決定した、ネオニコチノイド系農薬の一時使用禁止。
↓↓↓
ネオニコチノイド系農薬が一時使用禁止

clothianidin(クロチアニジン剤)、imidacloprid(イミダクロプリド剤)とthiametoxam(チアメトキサム剤)の3種類を、2年間という期限付きで使用禁止するというものです。

この決定をする前に、反対派のイギリスでは、UK Food and Environment Research Agency(英国食料環境研究機関)がフィールド・スタディをしていて、その結果を待ってから農薬の禁止を決定するべきだ、と主張していたのですが・・・

昨日、そのフィールド・スタディについて、The European Food Safety Authority(EFSA/欧州食品安全機関)から発表がありました。

フィールド・スタディの方法に問題や矛盾があり、やはり使用禁止を覆すものではなかったようです。
↓↓↓
Bumble bee study does not affect neonicotinoid conclusions, EFSA says
マルハナバチの研究はネオニコチノイド系農薬についての結論には影響なし(The European Food Safety Authority(EFSA/欧州食品安全機関)

それに、イギリスの研究はbumble bees(マルハナバチ)で、必ずしもhoney bees(ミツバチ)や他の花粉媒介昆虫のリスクとは言えない、ともありました。

ほんと、イギリスったら往生際が悪いと言うか・・・悪足掻きをせずに、きっぱりネオニコチノイド系農薬は使用禁止、という事実を受け止めて欲しいわ〜。

さて・・・

6th Form College(シックス・フォーム・カレッジ/2年間の高校のような学校)に通っている長女の大きなテストが終わったばかり。
↓↓↓
長女、シックス・フォーム・カレッジへ

そしてこれから、次々といろいろな大学のオープン・デイが続きます。

オープン・デイでは、大学、学部・科目の見学が出来るので、その大学の雰囲気を知るには一番手っ取り早いのです。

大学のコース自体ももちろん大切ですが、その大学のキャラクターが長女に向いているか、その大学のある町はどんな感じか、と見に行くのが目的で、私も長女に付き添って、いろいろな地方都市にいく予定。

私も行ったことない都市にも行くので、とても楽しみです〜。

長女よりも、私のほうがワクワクしてるかも。(笑)




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. 楽しみですねー。
    いよいよ、長女ちゃんの方向性が決まるのですわね。
    そして巣立ちだあ…(涙)

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    私のほうが楽しんでいますー。
    長女は私と出かけるのが、疲れるみたい。(笑)
    いろいろ行って、あとはまた夏休みに数校行くことになってます。

    ReplyDelete