Friday, 14 June 2013

ケンジントン宮殿とヌードルスープ

一昨日、友人とKensington Palace(ケンジントン宮殿)に行ってきました〜。



故ダイアナ妃の住居で、ヴィクトリア女王の生誕地でもあるケンジントン宮殿ですが、私も友人もロンドンに長く住んでいるのに、2人とも特に来る機会もなかったので初めて。

昨年、ケンジントン宮殿は改修されたばかり・・・

でも、以前はどんな感じだったのか知らないので、比べようもないですが。

そして、故ダイアナ妃などを含むモダン・ロイヤルの展示部分は7月に入ってから公開ということでした。

まずは、The Queen's State Apartments(クイーンズ・ステイト・アパートメント/メアリー2世が使っていた部分)。



階段には、切り抜いた船が入った瓶がたくさん吊り下がっています。

なんかこれは、メアリー2世がオランダから嫁入りしたからってこと?

The Queen's Gallery(クイーンズ・ギャラリー)。



そして、The Queen's Closet(クイーンズ・クローゼット)の中にあった・・・



日本のもの。



日本の江戸時代の漆塗りのキャビネットなのですが、とっても素敵です。

そして、The Queen's Eating Room(クイーンズ・イーティング・ルーム)には、なぜか小さな椅子がいっぱい。



この部屋の壁のパネルは、17世紀からのオリジナルだそうです。

The Queen's Bedroom(クイーンズ・ベッドルーム)には・・・



ベッドはなくて、明かりの灯った木製の箱がたくさん。

箱には名前らしきものが書いてあり、中には紙人形みたいのがそれぞれ入っています。

なんだこれは?と思っていたら、友人が「もしかして、これはファミリー・ツリーみたいの?」

あ〜、そう言われれば、そうだね。(笑)

ということで、どうもこれは家系図を立体的にしたもののようでした(本当にそうであるのかは不明)。

そして、The King's State Apartments(キングズ・ステイト・アパートメント)へ。



女王のほうと比べると、かなり豪華です。

特に天井!(爆)





女王のほうは地味だったけどね〜。



ギャラリーも、クイーンのと比べると、キングのほうが豪華。



一番、ケンジントン宮殿で印象に残ったのは、やはりVictoria Revealed(ヴィクトリア・リヴィールド)でしょうか。

ヴィクトリア女王は、なんとなく歴史的にも知っているし。

その中の展示でも、特に印象深いのは彼女のウェディング・ドレス。



とっても清楚で・・・

ちっちゃ〜い!!

ヴィクトリア女王って、太ったオバさん、というイメージがあったので、もう少し大きな人かと思っていたら、ほんとに小さいのです。

こんなにか細くて可愛い人だったのですね〜。

アルバート公の衣装も側に置いてあったのですが・・・



けっこう、彼も小さかったみたい。



写真がボケボケですが、隣にいるおばあさんたちと比べると、そんなに変わらない感じでした。

やっぱり今から100年以上も前の人は、現代人よりも少し小さめなのね。

さて・・・

ケンジントン宮殿ですが、私個人の印象としては、あんまり面白くないです。

というか、全体的にインフォメーションが足りない!

やはり、ガイドブックを買わないとダメなのでしょうか?(笑)

どの部屋にも、最低限の案内があるくらいで、展示品も少ないし歴史的な説明などがほとんど見当たりません。

ナショナル・トラストの邸宅の数々や、同じロイヤル・パレスのTower of London(ロンドン塔)やHampton Court Palace(ハンプトン・コート宮殿)と比べてみると、かなりレベルが落ちる気がします。

でも、久し振りに友人とのおしゃべりを楽しめたし・・・

ランチに、クイーンズウェイ駅のすぐ隣にあるレストラン、New Fortune Cookie(ニュー・フォーチュン・クッキー)へ行ってみました。

私はシュリンプ・ダンプリング・ヌードルスープ。



友人はダック入りのヌードルスープ。



シュリンプ・ダンプリングのは、まぁ普通って感じでしたが、ダック入りのヌードルスープが美味しい!

麺はビーフンみたいなのでラーメンとは違いますが、日本の五目ラーメンのような懐かしい味だし、具も野菜たっぷりでオススメです。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. ほへー。
    昔の人って小さかったんですね。
    栄養状態が悪いからかなー。
    今は日本人の体格も向上しましたよー。
    みんな、痩せて足が長い…。
    今の子はいいなあ。
    やっぱり畳に正座文化→テーブル椅子文化に変わったのが大きいのかなあ。
    欧米式の食生活のせいで身長も伸びてるのかな。
    和食の良さもあるんですけど。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    ほんとに小さい!
    たった100年ちょっとで、かなり体型が変わったのですかね。
    それとも、特別小さい人たちだったのか?(笑)
    日本人、たしかに見かけはスラッとしているかもだけど、果たしてより健康になったかというと、それは大きな疑問かな、と。
    日本の昔の人の食生活は酵素やミネラルいっぱいだったし。
    今は食は溢れていても、栄養が薄いような気がします。
    たしかに、畳から床になったのは大きい違いですよね。

    ReplyDelete