Wednesday, 12 December 2012

早くネオニコチノイド系農薬を禁止に

今日は、2012年12月12日。

朝から霧が出ていて、寒い日でした。

ちょうどお昼の12時に、なにか記念になることでもしようと思っていたのに、すっかり忘れてた〜。

12時は、たぶんお洗濯を干してたかも。(笑)

さて、今日のガーディアン紙に、こんな記事がありました。
↓↓↓
Insecticide regulators ignoring risk to bees, say MPs

ミツバチの数が減っている原因に、ネオニコチノイド系農薬、特に Bayer(バイエル社)のimidacloprid(イミダクロプリド剤)が大きく関係していることが研究によってわかったそう。

ミツバチや他の受粉昆虫は、ネオニコチノイド系農薬に影響を受けやすく、方向感覚を失って帰巣できなくなり、十分な女王蜂を生むことが出来なくなるのだそうです。

The European Food Safety Authority(欧州食品安全機関)がその危険性を今年の初めに認めて、フランス、ドイツ、イタリア、そしてスロベニアはいくつかのネオニコチノイド系農薬を使用中断にしたそうです。

そ、バイエル社ってドイツの会社ですよね・・・そのドイツで使用中断。

が、イギリスではまだ様子を見ている段階。

EU内でイミダクロプリド剤が使われだしたのは、1991年。

イギリスでも、1990年代に6年間に渡ってテストをしたそうですが、半減期が1333日と1268日と残留率が高くて、半減期までに3年以上もかかるという結果だったとか。

だから毎年散布すると、土壌内に危険なレベルの農薬が存在するということになるのです。

2009年からは、EU内で許可される農薬の半減期は、120日ってことになってるんですけどね。

それなのに、なぜかしら、まだイミダクロプリド剤が禁止になっていないらしい・・・

見て見ぬ振りってこと!?

生産性を上げようと、農家が反対しているのか?

でも、それじゃぁ正反対のことをしているのですよね。

だって、ミツバチや受粉昆虫がいなくなったら、作物は出来なくなるんだから。

それに、昆虫に悪いものは人間にも悪いに決まってるし〜。

とにかく、イギリスでものんびり構えずに、早くネオニコチノイド系農薬、特にイミダクロプリド剤を使用禁止にして欲しいです。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」


Project Fumbaro Eastern Japan
Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal)
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
JustGiving
Central Community Chest of Japan

日本赤十字/義援金
JustGiving Japan
CIVIC FORCE
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金
被災地支援表明ウェブサイト「できること」
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
JPF(ジャパン・プラットフォーム)
赤い羽根の共同募金
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. 農薬、コワイですよね。
    みんな「沈黙の春」を真面目に読もうよー。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    ほんと、農薬止めた方がいいですよね。
    目先にとらわれていると、将来痛い目にあいます。

    ReplyDelete