Wednesday, 3 October 2012

Looper(ルーパー)が観たいのに…。

そういえば、週末、家族揃って映画を観に行ったのですが・・・

結局観ることが出来ませんでした。

というのも・・・

観ようと思った映画は「Looper(ルーパー)」。



イギリスではR15で、15歳以上しか観れないということが判明。

でも、大丈夫だろうと、映画館に向かいました。

チケットを買う時は、14歳の長男を「15歳です」と偽り、チケットを手に入れたものの・・・

いざ映画館に入るときに、「身分証明書を見せてください」と言われてしまいました〜。(爆)

で、長女ももちろんそんなものは持ち合わせてないし、ましてや長男は身分証明書どころか実は14歳だしで、チケットの払い戻しとなりました。

なんかガッカリ〜。

というか、この映画って、21世紀の「Matrix(マトリックス)」とか言われているらしいですが、この程度のものなら親がいいと思うなら、観てもいいと思うのだけど。

そういえば、「Matrix(マトリックス)」もR15だっけ?

うちでは映画は何を観てもいいという主義なので、特に年齢制限は必要ないと思うのです。

もちろんポルノ映画はダメですが。(笑)

ゲームとかインターネットのほうが、よっぽどアブナいと思います。

で、そのあと、私とダンナで文句を言いながら歩いていたら、長女が・・・

「非があるのはこっちだからねー。嘘つくほうが悪いよね。向こうはちゃんと仕事しているだけだし。」

と、ぼそっと言ったので可笑しくて。

親がぜんぜんお手本になってませんね。

ってことで、「Looper(ルーパー)」は、長男抜きで観るか、DVDが出るのを待つかの選択になりました。

でも、すでにダンナと長女は、長男抜きで観る気になってます。(爆)

そして、やけっぱちになった私たちは、帰りがけにKrispy Kreme(クリスピー・クリーム)に寄ってしまい、ドーナツを1ダースも買ってしまったのでした。(笑)




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」

Project Fumbaro Eastern Japan
Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal)
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
JustGiving
Central Community Chest of Japan

日本赤十字/義援金
JustGiving Japan
CIVIC FORCE
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金
被災地支援表明ウェブサイト「できること」
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
JPF(ジャパン・プラットフォーム)
赤い羽根の共同募金
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. まあ確かに気持ちはわかりますが
    長女ちゃんが正しい(笑)
    でも、ほんと、この程度がダメなの?っての多いですよね。
    うちも、ひょんたろうは大概見れるようになりましたが
    にゃんぼがいるんで、見れないってことが多いです。
    結局、テレビで見るから同じなのにー。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    ほんと親がお手本になってませんでした。(笑)
    たぶん、あれもFワードとかその程度だと思うのですよね。
    なんか、前も15歳以上のやつで、実はFワードが2回出てたってのがあったし。
    その程度なら12歳くらいでもいいと思うけど。
    なんか、インターネットの時代で、そういう年齢制限はあんまり意味がないような気がします。
    負け惜しみ?(笑)

    ReplyDelete