Wednesday, 13 June 2012

雪解け水と河川の放射能汚染

以前、森林総合研究所が、雪解け水の放射能測定をしている、というニュースを読んで、その結果が出るのを待っていました。

そしたら、昨日、発表になったようです。

融雪期における渓流水中の放射性物質の観測結果(PDF)

このレポートによると、福島県内の渓流で3~4月に採取した雪解け水からは、ほとんどセシウムは検出されなかったそうです。

が、降雨のあった日に採取された水には微量に検出された、ということです。

ということは、やはり、水自体、というよりも、土砂などの懸濁物質にセシウムが入って、移動するようです。

そうしたら、こんな番組を見つけました。

NHK ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図6 川で何がおきているのか」です。


20120610 ネットワークでつくる放射能汚染地図6 by PMG5

福島県を水源とする、阿武隈川、阿賀野川の一級河川の上流から下流までの400か所以上で調査したものを、ドキュメンタリーにまとめたものです。

阿武隈川の放射能汚染は、以前から知っていましたが・・・

会津地方の阿賀野川の上流でも、ちょっと高めの汚染があるようです。

泥の中のバーミキュライトなどにセシウムが癒着して、汚染が広まっているみたいで、新潟県の河口付近でも川底の土から汚染が見つかったそうです。

この河口付近で獲れる魚介類も、ちゃんと検査して欲しいですね。



YouTubeでもアップされていました〜。






魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」

Project Fumbaro Eastern Japan
Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal)
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
JustGiving
Central Community Chest of Japan

日本赤十字/義援金
JustGiving Japan
CIVIC FORCE
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金
被災地支援表明ウェブサイト「できること」
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
JPF(ジャパン・プラットフォーム)
赤い羽根の共同募金
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. 本当に、危ない情報ほどキッチリと知らせてほしいです。
    知らせないって罪深いですよ…。
    農家とか漁業者の保護とか、風評被害とか
    そういうのとは別次元の話ですからねー;

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    こういう情報は、マスコミでも大きく報道するべきですよね。
    だって、NHK ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図6 川で何がおきているのか」を見逃してしまった人や、ネットを使わない人とか、いっぱいいるわけだし。
    これからの季節、川で子供たちを遊ばせても安全なのかどうか、をきちんと知らせるべきですね。

    ReplyDelete