Thursday, 3 May 2012

イギリスの食の放射能汚染

中日新聞(ネット版)に、こんな記事がありました。

欧州輸入ジャムから基準超すセシウム

オーストリアから輸入されたブルーベリー・ジャムから、140~220Bq/kgのセシウムが検出されたそうです。

ブルーベリーの原産国はポーランドらしいのですが、たしかに、ヨーロッパ内でもチェルノブイリ以来、今だに数種類の食品に関して輸出入規制があります。

The Food Standards Agency(食品基準庁)のウェブサイトによると・・・

アルバニア、ベラルーシ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、リヒテンシュタイン、マケドニア、モルドバ、モンテネグロ、ノルウェー、ロシア、セルビア、スイス、トルコ、ウクライナからの、

森の果実類、スノキ属(クランベリー、ビルベリー、カウベリーなど)と野生キノコ、またはそれを含む食品は規制されています。

あれ?ポーランドは入ってないのですね。

詳しくは、こちらからどうぞ。
↓↓↓
Foodstuffs with current European Union (EU) restrictions(PDF)

それに、以前、イギリスの放射能汚染で触れたように、イギリスの羊の畜産農家の放射能汚染規制が、6月1日から解除になる予定です。

Post Chernobyl sheep controls to be removed

でもね〜〜、今までの検査の基準を見てみると、今だに1,000Bq/kgになってるんですよね〜。

詳しくは、こちらのレポートをどうぞ。
The Removal Of Post-Chernobyl Sheep Controls(PDF)

で、このレポートの中に、1,000Bq/kgはチェルノブイリ事故の直後の基準であり、多くの羊が汚染されていたためにコントロールするために規定したのであって、この数値を超えたから安全でないとは言えない、とかって記述されてたのー。

なんか、アブナい感じ〜。

それに、2011年11月に発表された、
An Assessment of Radiocaesium Activity Concentrations in Sheep in Restricted Areas of England and Wales and Potential Consumer Doses(PDF)によると・・・

1,000Bq/kg以上出ている羊が、ウェールズのスノードニア地方に2.5%以下の割合でいたし、カンブリア地方でもまだちょっといたのよね(すべて高地)。

割合が小さいにしても、いるってことでしょ?

平均値も、ざっと見た感じ、200Bq/kg以下っていうのがあまりいなくて、ほとんどは200Bq/kg以上600Bq/kg以下っていう感じです(600Bq/kg以上もちらほら)。

それに、羊だけが検査の対象になっているのは、主に放牧されているのが羊だからってことかしらん?

いやはや、まだイギリスでも、放射能汚染からは逃れられないようです。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」

Project Fumbaro Eastern Japan
Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal)
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
JustGiving
Central Community Chest of Japan

日本赤十字/義援金
国境なき医師団日本
JustGiving Japan
CIVIC FORCE
サンドウィッチマン『東北魂義援金』
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金
被災地支援表明ウェブサイト「できること」
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
JPF(ジャパン・プラットフォーム)
赤い羽根の共同募金
SAVEJAPAN! PROJECT
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. あれから30年経ってるっていうのにー;
    しかも、結構距離ありますよね?
    日本はどうなってしまうのやら…。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    ほんとですよねー。
    どうもやっぱり、チェルノブイリのときも風&雨でイギリスまで汚染されたみたい。
    全体っていうより、ちょっと局地的な感じですが。

    ReplyDelete