Monday, 14 December 2009

床作業を再開!

床板の作業中♪と、床作業終了!と言いたいけれど…。から続くフローリング作業。

義母が今朝帰っていったので、今日から作業開始です。

お友達は来れないので1人で作業だから、おしゃべりが出来なくてつまらなかったですー。

まずは、キッチンのユニット下にあるplinth(プリンス)という蹴込み板を入れることにしました。

床を入れる前にビルダーによって付けられていたものを外したので、本当ならそのままそっくり付ければいいのですが・・・

なんと、12ミリの床板にしたツケがココにもでてしまいました。

プリンス、床板が厚すぎてすんなりと入ってくれないのですよ〜。

で、すべて、薄く(約5〜8ミリずつ)削ることに・・・。

 けっこう上手く削れましたよ〜!

特に、シンクやオーブンのあるところは上手くいったのでホクホク!

、、、したのも束の間、、、

夜になってから食器洗い機のドアを開けたら、ガツンと何かに当たる音が。

どひゃ〜〜!

プリンスが高すぎて、ドアが全開しないではないかーーーーー!

悲しいことに・・・

 ココまでしかドアが開かない!

なので、またこの部分だけやり直しです〜。(溜)

でも、オーク材床板を気に入っているので、このくらい苦労とも思いませんっ!(笑)

ところで床板の方は、ホールの半分くらいできました。

難しいドア枠のところは今日終わったので、調子が良ければ明日ホール部分も終わるかも?

雨が降りませんよーに!



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

4 comments:

  1. Russellです、こんにちは!
    すばらしい!
    ちょうど1年前の今頃、南ドイツの某都市に日本から一部引越しをしたのですが、あちらでは(前住人が)キッチンごと引越しをする事を初めて知りました。日本の賃貸ではありえない事。壁や床も結構好きなようにできるのが、いいんだか?悪いんだか?。落ち着くまで、ほんと、大変でした。今では工具一式納戸に入っております。でも、最近、あんまり行ってないんですよね~(ってこれは余談)まっ白いキッチンと床の質感と色、素敵ですね!(ボディが)白い子、元気ですか~?

    ReplyDelete
  2. えー、ほんとに手作りだ~!
    なんか、削るって…カンナ?とか思ってしまうのですが
    どうやってるざます!?
    黙々と1人の作業は辛すぎる!
    明日はお友達来れますか?

    ReplyDelete
  3. Russellさん、こんにちは〜。

    えー、ドイツではキッチンまで持っていくんですか!?
    それはスゴイですね〜。
    こちらでは賃貸はあまり手を入れてはいけないと思いますが…。
    ワークトップもオーク材なので、床とお揃いです〜。
    家族もみんな気に入っているようです。
    ビリーは昨日抜糸をしました!
    相変わらず元気いいので、作業しにくくて困ってます。(爆)

    ReplyDelete
  4. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    すいません、表現があまりよくなかったですね。
    5〜8ミリほど、電動ノコギリで切り取りました。
    まさか、カンナではプリンスが長過ぎてダメです。
    それに木材でないので使えないと思います。
    月曜、火曜と一人作業。(涙)
    で、水曜日にもう一度お友達が応援に来てくれます〜。^^
    なるべく仕上げにかかりたいのですが・・・。

    ReplyDelete