Tuesday, 11 September 2007

電気、再開!

The Body Shopの創始者であるDame Anita Roddick(アニタ・ロディック)さんが脳溢血で亡くなりました。

ロディックさんは1976年にThe Body Shopの第1号店をブライトン近郊に開店してから、フェア・トレードなどのコンセプトで時代の先端をいつも担っていたのでした。

まだ64歳で、人権や環境保護のキャンペーン活動に精力を注いでいたのに…とても残念です。ご冥福をお祈りいたします。



そして今日…何人もの電気技師に電話した結果。

1人目は電話に出ず、2人目は来週まで予定いっぱい、3人目はなんだか高くとられそう。以前使った電気技師にも電話したら、その電話番号はもう未使用となっているし…。結局、知り合いのビルダーからもう1人紹介してもらいました。

そしてgood newsは夕方、電気が再開!Bad newsはキッチンの電気回路に問題あり、ということが発覚。

電気技師のクリスはなんとか臨時対策をとってくれて、しばらくはこのまま続行で大丈夫なようです。

電気修理代に£60(約13,000円)なり…けっこう良心的だったと思いますよ。だって1時間くらいはかかりましたからね、どこに問題があるかわかるまで。

なんといっても私たちの住むこの家は、1914年に建築されて以来1970年代に電気回路や改装をした後は、ねこなすとダンナが1995年に買い取るまではどこにも手をつけていなかったようです。

そういうことであちらこちらに昔の古い電気回路が残っているのです。これまで何も問題なかったのがラッキーだったのかしらん。





日本ブログ村のランキングに参加させていただいています。
クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

5 comments:

  1. Anita Roddick(アニタ・ロディック)さん、日本でも新聞に載っていました。
    恥ずかしながらボディーショップという商品も知りませんでしたが。
    それにしても電気の開通、おめでとうございました。
    古い家屋を大切に使うイギリスならではのハプニングですね。
    お近くなら伺いましたのに。(我が家のパパさんは電気技師ですから^^)
    ところで、日本では2時から安部総理の辞任会見とか。別に阿部総理自身の身辺に問題があるわけではないので、日本のマスコミや他の議員の協力のなさには少々気の毒に思いました。
    こんな事が続いたら日本の政治に熱意を抱く後継者が生まれてくるのかと心配な日本国です。やはり古き良き伝統は守らねばですね。

    ReplyDelete
  2. tomumamaさん

    ボディ・ショップは、自然の原材料で作られているスキンケアやメイクアップ商品を扱っているお店です。
    http://www.the-body-shop.co.jp

    それからtomumamaさんのだんな様が下町ロンドンにいたらよかったのに!

    やはり安倍総理は退陣することになったのですね…そうなるのではないかとは思っていましたが。これからの日本の政治情勢をネットにて静観してます。

    ReplyDelete
  3. そうそう、ボディ・ショップはフランス化粧品会社ロリエルに買収されたので、今はもう以前とは違うのかな…と思ったり。でもロディックさんの会社理念はずっとこれからも続いていくことを願います。

    ReplyDelete
  4. こんにちわ!
    ねこなすさん、私のoffice http://www.office-denon.co.jp/ (トップ画像は孫の幼稚園です)専用に、新しいパソコンvistaを購入したので、ロンドン時間も設定することにいたしました。
    でも未だ新しいパソコンに中々触れられないでいます。キレイすぎて~爆笑
    さてさて、メルマガから素敵なお家を見せてもらいに。
    次回の金額、交渉の顛末を楽しみにしています。
    買いたいので中も見せてもらえますか??なんて言いたくなりそうな素敵な外見ですね。
    私は夕刻から日野皓正のJazzコンサートへ出かけてきますね。
    場所は大阪の門真市です。^^

    ReplyDelete
  5. コメントありがとうございます。

    この家の写真は正面ではなくて庭から撮ったものなんですけどねぇ。ユーティリティ・ルームとして新しく追加されたのが白い屋根のところなんですよ。

    日野皓正のJazzコンサートなんていいですねぇ…楽しんできて下さい!

    ReplyDelete