Thursday, 20 July 2017

寅さん記念館

日本で過ごしたホリデイ中、葛飾区の柴又にも行ったのですが・・・
↓↓↓
のんびりと下町を楽しむなら…柴又♪

やっぱり柴又では、フーテンの寅さんに会いたいよね〜。(笑)

うちの子供たちは、寅さんが誰なのかさっぱりわからなかったので・・・

実在の人じゃないよ、と説明して、映画「男はつらいよ」シリーズの説明をしても、まったくピンとこないし。(爆)

で、行ったのはココ。
↓↓↓
寅さん記念館

私が育った昭和時代の匂いがプンプンする、素敵な記念館です。(笑)

私の父が「男はつらいよ」シリーズが好きで、テレビで映画がやっていると、一緒に観た記憶があるものの・・・

ちゃんと、始めから最後まで観たことがないような気がします。

寅さん記念館には、

実際に使用されていた、柴又の団子屋「くるまや」のセットが再現されています。


映画の場面が目に浮かぶ感じ。(笑)


それに、当時の雰囲気がよく伝わってきます。


あ〜、うちにもこういう冷蔵庫があった!(爆)

タコ社長の印刷所も。


昭和30年代の帝釈天参道の町並みを、再現したモデルもあるのですが・・・


これがまたよく出来ています。


よ〜く詳細まで細かく再現してあるので・・・


おせんべいを焼いてる香りがしそう♪

このコーナーに、縁日を再現したモデルもあったのですが・・・


昭和の東京下町で育った私にも、懐かしい姿が見えました。

お面屋さんなどの出店もそうなんだけど・・・


一番懐かしいのは、紙芝居屋さんのおじさん。

私がまだ小学生低学年の頃、こういう紙芝居屋さんがまだいたんです!(涙)

公園に来るおじさんの自転車に載せた箱の引き出しの中には、いろいろな駄菓子が入っていて、お小遣いでいつも何かしら買っていました。(爆)

そういえば、リヤカーで来てた焼き芋屋さんなんかもいたなー。

下町だからかな?(笑)

あー、懐かしい♪

その他にも、寅さん記念館には、鈍行列車の客車を再現しものなんかもあります。


そして、極めつけは寅さんのスーツケース。(笑)


寅さんが持ち歩いていた全財産が入ったものですが・・・

人間、ほんとに必要ないものに囲まれているんだな〜、と思ってしまいました。

実は寅さんて、断捨離を極めた、時代の先端をいった人だったのかもね。(笑)




英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国政府観光庁オフィシャル・ショップ スペシャル・オファー

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment