Monday, 15 June 2015

イガ対策いろいろ

先月、我が家で発覚したclothes moth(イガ/コイガ)の襲撃。
↓↓↓
イガにやられた〜!

あれから、ほとんど毎日のように、家中を掃除機で掃除をしています。

特にカーペットの敷いてある2階(イギリスでは1階)部分が中心ですが。

そして、掃除機の中でイガ(卵や幼虫も含めて)が生き延びているとイヤなので、掃除機の中のゴミはその都度、外にある大きなゴミ箱の中に出して空っぽにしています。

繁殖発覚直後は、diatomaceous earth(D.E./食べれるグレードの珪藻土)をカーペットに撒いたりしたけども・・・

イガ用の殺虫剤も購入しました〜。


カーペットに直接スプレーするものや、クローゼット用や引き出し用のものなどです。

クローゼットや引き出しの中は全く被害がないのですが、とりあえず予防対策。

そしてスプレーは、カーペット全体にするのも体に悪そうなので、特に部屋の隅などを中心に。

ほんとは、スチームクリーナーでも、カーペットの上をザッと熱で掃除したいのですが・・・

もうちょっと暑くなって、カラッとした日の方がいいと思って待っているところです。

イギリスで、そんな日はなかなか来ないか?(爆)

どちらにせよ、一応、峠は越えたようなので・・・(笑)

昔から、クローゼットや引き出しの中で使っているのは、ラベンダーやcederwood(シダーウッド)。


防虫効果があるとかで、化学薬品より気に入っているのだけども、今回はこれだけじゃムリだと思った次第です。

そして、これから夏のホリデイに行っている間の対策も兼ねて、こんなものを購入してみました。

ホリデイ中は掃除できないからね〜。


これは、イガ用のフェロモン・トラップ。

メスのフェロモンで、オスを呼び寄せて粘着シートで捕獲するというものです。

フェロモン・トラップの効果は、8〜12週間くらい続くとか。


この罠にかかるのはオスだけなのですが、オスさえいなくなれば、メスは交尾ができないから卵も産めないってことになり、カーペットやセーターなどを食べる幼虫の被害が減るというわけ。

ちょうどこの間、この方法をロンドンのNatural History Museum(自然史博物館)でも使っていると、テレビ番組で観たところで、確実に効果はあるようです。

このフェロモン・トラップの10個入りというのを買って、あちこちに置いてみました。

主にカーペットのある2階部分で、子供たちのベッドルームとゲストルームや、ロフトにある主寝室などにも。

商品のレビューを見てたら・・・

「たくさんイガが罠にかかって、スゴい効果に喜んでいる」とかいうのがあったのだけど、それってかなり繁殖しているってことだよね?(汗)

その人、そんな喜んでいる場合じゃないんじゃないの、とそれを読みながら吹き出しそうになりましたが。(爆)

これで、どのくらいのイガ被害があるのか、の判断材料にもなります。

これでいっぱいイガが罠にかかればいいなと思いつつ・・・

かといって、我が家の中でたくさん繁殖しているのは困るので、あんまり罠にかからないで欲しいな、とも思う今日この頃。(笑)

でも、せっかくフェロモン・トラップを購入したのだから、ムダにならないように数匹くらいはかかって欲しいかも。(爆)

ともかく・・・

こういう害虫の場合、いろいろな方向から攻めるのが得策ですね。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

英国政府観光庁オフィシャル・ショップ スペシャル・オファー

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment