Thursday, 17 July 2014

2泊3日でパリへ♪(ポンピドゥー・センター編)

今回のパリの旅では、The Louvre(ルーヴル美術館)にも行く予定だったのですが・・・


いざ、ルーブル美術館に到着してみると、あまりの規模に長女は入館する気力をすっかり無くしました。(爆)

私も絶対行きたい!というほどでもなかったので、モダン・アートのCentre Pompidou(ポンピドゥー・センター)に行くことに〜。


ここは、私はず〜っと前に友人Mちゃんと来たことがあったのですが、この建築が好きなので何度行っても飽きません。

ちなみにRenzo Piano(レンゾ・ピアノ)氏とRichard Rogers(リチャード・ロジャース)氏設計で、エスカレーターやエレベーターが外に設置されていて、諸設備の水道管などもむき出しになっています。


チケットは、私はもちろん有料ですが、長女は無料。

というのも、ルーヴル美術館もですが、18才未満、そしてEU圏(ノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタイン公国も含む)の18〜25歳は無料となっているのです。

国籍&年齢が入っているIDを提示すれば、無料のチケットを発行してくれます。

若い人が無料でアート鑑賞出来る環境があるっていうのは、素晴らしいことですよね。


展示には、たくさんの建築の設計図なんかもあったのですが・・・

日本の建築家の作品もたくさんありました〜。

安藤忠雄氏のデザイン、


丹下健三氏のデザインや、


磯崎新氏のデザインなんかも。


モダン・アートの美術館らしく、もちろんカデンスキー、ミロ、ピカソやマティスの作品もあったのですが・・・

印象に残ったのは、これ。


けっこう単純なデザインですが、とっても面白い!

近づいて上からみると、こんなふうに細い棒が等間隔で立っているだけ。


なのに、自分が動きながら見ていると、まるでデザインがどんどん変化しているように見えるのです。


またこんな作品も。


小さな丸い物から始まって、地球儀や金魚鉢などいろいろな丸っこい物体が並べてあります。

最後のほうにはこんなものも。(笑)


また照明を利用した作品もありました。


そして、ちょっと変わった作品はこれです。


タイマーを使っているようですが、椅子が動いたり、ミシンが動いたり、煙が出たり、電気が点いたり消えたり・・・

見た目は洋服を作っている工場だけど、ミシン音や椅子の動きを見ていると、なんとなく戦闘機のようにも見えてきて、戦争や戦場を連想する作品でした。

モダン・アートって、個人個人見る人によって解釈が違うだろうけど、いろいろと考えさせられるものがありますよね〜。


長女も楽しんでいたようなので大満足。

ポンピドゥー・センター、オススメです!





魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

英国政府観光庁オフィシャル・ショップ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. 本当にモダンですねー。
    私には少し難しいかもしれません;
    ルーヴルにひるむ気持ち、少しわかるような…(笑)
    広すぎかも(笑)

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    ポンピドゥー・センターはほんと面白いですよ。
    難しく考えなくても、自分の受け取ったように解釈すればいいわけだしね。
    ルーヴル、いつか行こうとは思うけども、なんかデカすぎて。(笑)

    ReplyDelete