Saturday, 28 January 2012

「イエロー・ケーキ」と原発ストレス・テスト

1月28日から(って今日ですが)、東京で「イエロー・ケーキ~クリーンなエネルギーという嘘」という映画が公開されるそうです。

「イエロー・ケーキ(Yellow Cake)」というのは、天然ウランを精錬してできる粉末のことで、原子力発電サイクルには欠かせないものです。



「イエロー・ケーキ~クリーンなエネルギーという嘘」はドイツ映画で、ウラン採掘の真実を明らかにした作品です。

私も観たいんだけど、イギリスでもやってくれないのかな?

それとももうやってしまったのかしらん?

そして、こちらはヨアヒム・チルナー監督のインタヴュー。



で、ここで思うのは、日本の原発ストレス・テスト。

やっぱり原子力産業の力は大きい、ということです。

福島原発事故の収束はおろか、事故の原因追及もしないうちに、他の原発の再開を決定できる、ことからして疑問です。

それで10日くらい前に、関西電力の大飯原子力発電所3、4号機(福井県)のストレス・テストに関して、市民のみなさんが意見聴取会に駆け付けたという報道がありましたね。

でも、読売新聞(ネット版)ではたった数行の記事にしかなってないのです。

反対派押しかけ意見聴取会開けず…大飯原発評価

報道ではただ単に「反対派」などと言ってますが、そんな単純なものではないはず。

情報公開をして、国民にも知る権利があるのですから。

国民をバカにするのもいい加減にして欲しいです。

そして、その意見聴取会の様子がYouTubeにアップされています。

12分30秒のあたりで、福島県からいらした女性の発言もあるので、ぜひ聴いてください!



そして、この様子が朝日新聞(ネット版)で報道されたのはこれ。

大飯原発の評価は「妥当」=ストレステスト、初評価示す―意見聴取会、一時開けず

↑のビデオの最後の方に、井野博満教授と後藤政志氏からのコメントもしっかり入っています。

でも、井野教授と後藤氏は、再び経済産業省原子力安全・保安院の意見聴取会に出席するようですね。

傍聴不許可に抗議の2委員、出席へ 耐性評価の意見聴取

この2名の委員さんが出席して、少しは公平な討論が行われるといいけど。

でも、「「原子炉メーカーがストレステストを行い、メーカーOBが審査している」そうですから、ほんとうにこのストレス・テストが信頼できるのかどうか?

「国民の信頼得られず」=批判派委員が会見―ストレステスト聴取会

情報公開をきちんとしない限り、国民の信頼は取り戻すことは絶対ムリだと思います。







魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」

Project Fumbaro Eastern Japan
Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal)
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
JustGiving
Central Community Chest of Japan

日本赤十字/義援金
国境なき医師団日本
JustGiving Japan
CIVIC FORCE
サンドウィッチマン『東北魂義援金』
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金
被災地支援表明ウェブサイト「できること」
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
JPF(ジャパン・プラットフォーム)
赤い羽根の共同募金
SAVEJAPAN! PROJECT
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

6 comments:

  1. いつも心にかけて頂いてありがとうございます。
    魔法の言葉を読むと涙が出そうになります。
    本当に早くそんな日が来るといい、夢だったと分かればいい。政府は何をしているのか?政治家のバカぶりに国民は呆れています。でも、先日、陸前高田市長の話を聞く機会があり、「こんな人がいる日本は大丈夫」と思いました。
    バカな政治家を頼りにしないで活動している人、応援している人もたくさんいます。コツコツ忍耐強い気質を案外忘れていないのかもしれません。ありがとう、頑張るからね。

    ReplyDelete
  2. 電力会社と政治家、どこまで癒着してるもんだか。
    そんなんだから、事故が起こったんだよ…。
    国民のほとんどは、原発嫌だって思ってるはずなんですが
    ↑ああまでして再開させたいのには、別に理由があるんじゃろか?ってかんぐっちゃいますよ。
    報道も規制してますよね。
    デモとかも、ほとんど報道されないし。
    こんなバランス悪い国あんまりないと思うんですけど。
    (隣の某国並なんじゃ…)
    また、国民もおとなしい…。
    普通の国なら暴動レベルだと思うんですけどね。

    ReplyDelete
  3. いつもありがとうございます。
    原発を突きつめていけば、政治が分かる、経済が分かる、人間が分かる・・・・ということを事故後本当に痛感しています。
    福島の女性の発言は本当に身につまされます。
    追求されていた男性方もみんなそれぞれ家庭を持っていて家に帰ればきっと良いお父さんをやっているんでしょうね。
    人間の欲、お金って・・・・
    今の日本(世界)何が正義か分からなくなってきていますね。

    ReplyDelete
  4. うめちゃんさん、こんにちは〜。

    きっといつか東北の海がきれいになり、港に活気が戻る日が訪れますよ!
    みんなで一緒に踏ん張っていけば。
    1歩前進し、3歩下がるような亀のような歩みでも、いつかきっと。
    私も何人かの市長さんや議員さんで、希望の光を放っている人たちがいるのを知っています。
    そういう人たちがいる限り、日本の将来はなんとかなります。
    あとは国民全体で、しっかり政府に意見を伝えることかと思います。

    ReplyDelete
  5. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    電力会社、政治家、土木、メーカー、マスコミ、とどっぷり癒着ですよ、きっと。
    例えば、東芝とか原子炉などに関わっていると同時に、放射能汚染浄化機器などを開発して、両方からお金儲けをしっかりやっているしー。
    ドイツも脱原発したそうだけど、原発の技術は輸出しているそうだし、これは日本だけの問題ではなさそう。
    どっちに転んでも抜け出れないような感じです。
    でも、国民が諦めずに声を上げていくことで、何かが変わっていくような気がします。
    そうそう、デモのこととか、ちゃんと報道してよ!ってことですよ。
    きっと規制ですね。
    とにかく、マスコミが偏った報道から脱皮しないと。
    特に、NHK。税金なんだから!
    暴動、っていうか、何十万人規模のデモが必要ですね。

    ReplyDelete
  6. mariさん、こんにちは〜。

    原発には、政治、経済とすべてが関わっているようですね。
    お金のために人命を軽んじているという事実。
    本当に、日本の政治には絶望しました。
    でも、中には、一生懸命に国民のことを考えて、声を上げてくれている議員さんたちも多くいらっしゃるので、きっと立ち直っていけますよ!
    それにしても、なんだか、人間は訳の分からない大きな悪に振り回されている感じがします。

    ReplyDelete