Wednesday, 26 October 2011

子供たちの集団疎開を求める裁判

群馬大学 早川由紀夫教授の早川由紀夫の火山ブログで、文部科学省が公表する前からしっかりと放射能汚染の事実を示していた地図。

(←クリックすると拡大します)
福島第一原発から漏れた放射能の広がり

ここでも、福島市や郡山市が放射能でかなり汚染されているのがわかります。

まだここに多くの子供たちが住んでいます。

私の従兄弟の子供たちも毎日生活をしています。

郡山市では、ふくしま集団疎開裁判の会「子供たちの集団疎開を求める裁判」が行われているそうです。



ニュースにはならないので、こういう裁判が行われているということさえ知らなかったです。

今月末まで、この訴えに賛同する人の署名を集めているそうです。

海外からもオンラインでできます!!

↓↓↓↓↓
集団疎開オンライン署名


追記:

放射線リスク欧州委員会クリストファー・バズビー博士が説明する、放射能(特にセシウム137)による子供たちの心臓病増加の事実です。









魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」

British Red Cross (Japan Tsunami Appeal)
Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal)
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
JustGiving
Central Community Chest of Japan

日本赤十字/義援金
国境なき医師団日本/インターネット寄付オンラインサービス
JustGiving Japan
CIVIC FORCE
サンドウィッチマン『東北魂義援金』
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金
被災地支援表明ウェブサイト「できること」
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
JPF(ジャパン・プラットフォーム)
赤い羽根の共同募金
SAVEJAPAN! PROJECT
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. こわいです;
    今すぐに症状に出ないから、平和ボケの人のなんと多いことか。
    危機意識表明したりすると、白眼視される傾向にあるんですよ、首都圏なんか。
    騒ぐなんて非常識とばかりに。
    気の持ちようで健康被害出ないっていうんなら別ですが
    (長崎大のセンセみたいに)
    どうなるかわからないんですけどね。
    実際に自分や子供に症状出た時に
    そういう人はどんな反応するんだろう?と思います。
    山本太郎は、すでに俳優じゃなくて、こういう活動家のように頑張っていますね。
    震災前は、こういうタイプの人だとは夢にも思いませんでしたが。
    頑張れー。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    ほんとです。
    私も日本に行ったときに、危機感のなさにはちょっと驚きました。
    気の持ちようで平気なら、大したことないですよ。
    放射能って目に見えないからよくないですね。
    見えないと、どれだけ汚染されているのかがわからないし。
    汚染も、こんな規模のは初めてだから、みんなピンときてないのでしょう。
    それにマスコミもちゃんと事実をどんどん報道してないから、知ろうと思わなければ情報はわからないし。
    まだこの判決は出てないのですが、罪のない子供たちの疎開を支援する判決であって欲しいです。

    ReplyDelete