Thursday, 22 September 2011

ふんばろう東日本支援プロジェクト

以前、ほぼ日刊イトイ新聞で紹介されていた、「ふんばろう東日本支援プロジェクト」の西條剛央さんの、すんごいアイディア。

そのあと、すぐに「ふんばろう東日本支援プロジェクト」のサイトへ行く時間がなかったのですが、数日前にやっと時間が出来ました。

この支援がスゴいのは、東北復興、そして被災者支援が、しっかりと支援したい人たちと結びついている点です。

間に入る組織や人もなく、『必要なものを必要な場所へ、必要なだけ送る。被災者と支援者を直接結ぶプロジェクト』です。

この柔軟なアイディアに感動!

例えば・・・

被災地企業やお店から、直接被災者の方に電化製品を送ったりすることができたり、ガイガーカウンターの購入をするためのプロジェクトがあったり、Amazonほしい物リストから、直接Amazonから被災者の方へ必要なものを送ることが出来たりしちゃうのですよ。

お金を使った支援だけでなくて、被災者の方へのお手紙を書くというプロジェクトもあります。

私も、さっそく会員登録を済ませて、クレジットカード決済が利用できる物資マッチングサイトから、「ミシンを被災地へ届けよう!(共同購入)」を購入。

これは、布製品を作って収入を得られるようにという、自立支援のお手伝いをするプロジェクトのためのミシンだそうです。

共同購入なので、1口3,000円から支援が出来るようになっています。

その他にも、ふんばろう東日本支援プロジェクト寄付専用サイト/支援金から、南三陸わかめ漁業船購入支援(1口10,000円)なんていうのも!

とにかく、ガッチリと被災地を支援していくプロジェクトが続々と登場しているので、被災者のみなさんが必要とするものを、直接支援していけるスグレものです。

これからも時間が経つとともに、被災地、そして被災者のみなさんが必要とするものは変化していくでしょう。

でも、この支援の仕方なら、ずっと被災地に寄り添っていけるはずです。

ほんと、オススメです!





魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」

British Red Cross (Japan Tsunami Appeal)
Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal)
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
JustGiving
Central Community Chest of Japan

日本赤十字/義援金
国境なき医師団日本/インターネット寄付オンラインサービス
JustGiving Japan
CIVIC FORCE
サンドウィッチマン『東北魂義援金』
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金
被災地支援表明ウェブサイト「できること」
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
JPF(ジャパン・プラットフォーム)
赤い羽根の共同募金
SAVEJAPAN! PROJECT
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

4 comments:

  1. すばらしい!

    私が活動してる読み聞かせの会では
    「被災地の図書館に本を送ろう」と寄付を募る活動をしてるのだけど
    前回集まったお金を、
    日本の知り合いを通して被災地の図書館に送ろうと思ったら
    寄付は市役所に一括して集められてから
    必要なところにふりわけるので、
    図書館に届くとは限らない・・・
    むしろ、届かない可能性の方が高い!と言われたの

    ねこなすちゃんのサイト、覗いてみたけど
    本の寄付はなかった・・・
    でも、探せば直接気持ちが届けられる場所があるのかも・・・
    探してみよう
    ありがとう

    ReplyDelete
  2. くろりすさん、こんにちは〜。

    ほんとにいいよね、このプロジェクト!

    で、絵本に関してですが・・・

    「ふんばろう東日本支援プロジェクト」の中にある、アマゾンから直接支援するものに、こんなものがあります。
    【こども支援】[567]千葉さん避難宅【30人のママ支援】
    http://www.amazon.co.jp/gp/registry/wishlist/2U4HGTEVAKTIS?ie=UTF8&ref_=cm_wl_rlist_go#
    あ、でもよく見たらDVDだった〜。

    または、こんなのもありました。
    「3.11 絵本プロジェクトいわて」
    http://www.ehonproject.org/iwate
    で、「えほんカーを被災地へ」プロジェクトをやっているそうです。
    http://www.ehonproject.org/iwate/ehon_car.html
    このプロジェクトに直接活動支援金がおくれます!

    そして、「子どもたちへ<あしたの本>プロジェクト」。
    http://www.jbby.org/ae/?lang=ja

    あと、こんなのも見つけたよ。
    「オヤコデねっと」
    http://www.oyacode.net/?page_id=654
    これは宮城県塩釜在住の方の私設絵本図書館の再建で、アマゾンから直接絵本を送るものです。

    とにかく、未曾有の大震災だったから、長期的な支援が必要だよね。

    ReplyDelete
  3. 本来国がやるべきことを民間が…。

    ReplyDelete
  4. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    ほんとに。
    政府はあってないようなものですよね。
    国民は税金を払うのもバカバカしいのでは。

    ReplyDelete