Monday, 12 April 2010

ワイト島で楽しい1日

ルルワースチズル・ビーチに行った日はお天気に恵まれなかったのですが、ドーセット州滞在3日目はとってもよいお天気でした。

その日は朝早くコテージを出発し、まずハンプシャー州のLymington(リミントン)へ。

フェリーに乗るためです。

私達が滞在していたコテージから約1時間15分くらいでフェリー乗り場。

いざ、Isle of Wight(ワイト島)へ出発!



この日は、ワイト島に住む友人一家のところへ遊びにいく約束だったのです〜。

このリミントンとYarmouth(ヤーモス)間のフェリーは初めてだったのですが、所要時間たった30分です。

ワイト島も小さい島なので、フェリーを降りてから友人宅に到着するまでも約30分。

途中、素敵な景色が見えたのでダンナに停車してもらいました。

白い崖に朝日がちょうどあたり、ますます白く光っていました。

朝早いフェリーにしたので、友人宅に到着したのは午前10時前!(笑)

私達が到着したら、そのうちの子供たち3人も待っていてくれて、みんなで嬉しい再会です。

下町ロンドンに住んでいた友人一家が、ワイト島に引っ越してきたのはもうかれこれ10年以上前。

友人の長女と我が家の長女は赤ちゃん時代からのお友達、友人の次女と我が家の長男も同じ歳なのです。

久し振りなのに、昔のようにすぐに元通りに遊び始める子供たち。

ちょうどイースター・サンデーだったので、友人がたくさんのチョコレート・エッグを庭のあちらこちらに隠してくれました。

で、子供たちは張り切ってチョコレートの卵の捜索開始。

カゴにいっぱいチョコレートの卵を集めた子供たちが帰ってきた後は、ゆで卵にデコレーション。

ゆで卵を殻付きのままで、各自好きなように絵の具でデコレーションしました。

イングランドだったら、これを庭に隠してまた卵探し、ってことになるのですが、私の友人はスコットランド出身。

スコットランドでは、デコレーションをし終えた卵を持って丘の上に行き、卵を壊さないように投げて遊ぶそう。

子供たち、思いっきり卵を投げて、またその卵を探してきます。

すぐにヒビが入るかと思いきや、フサフサの草に跳ねてどの卵にもまったく傷はありません。

何度か投げては拾ってを繰り返してから、今度は誰の卵がビリーから生き残れるか、というゲームに変更。(笑)

子供たち5人の卵のうち2個がビリーの胃袋へと消えていきました。(爆)

他の3個も投げているうちにバラバラになってしまったので、ゲームも終わり。

一旦家に戻ってお昼のスープとサンドイッチを食べた後、今度はウォーキングに出かけました。

ちょっと歩くと海辺です。

満ち潮だったので、残念ながらカニ探しは諦めて、磯遊び。

ビリーも海辺で嬉しいみたい?

風は冷たくて強かったのですが、なかなかよいお天気に恵まれて気分爽快。

セント・キャサリンズ・ポイントにある灯台が白く光って見えます。

灯台の側を横切り、丘を登り始めると、冷たい風がなぜか気持ちよく感じられるから不思議。

やっぱり上り坂はきついわ〜。

この後、林の方へ入っていくと、嬉しい偶然が待っていました。

 (Save Our Squirrelsから写真拝借)

枝の上を走り抜けるアカリス(キタリス)です!!

こんなに近くで見たのは初めて。

下町ロンドンを含めたイングランドのほとんどの地域では、リスと言えばほとんど北米からの外来種ハイイロリスなので、在来種のアカリスを見るととっても嬉しいもの。

友人宅に戻ってから夕食を一緒に作って食べて、楽しい1日があっという間に終わってしまいました。

子供たちもまだ遊び足りないみたいで、名残り惜しみながらのお別れです。

今度は下町に遊びにおいでね〜!



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

6 comments:

  1. ロンドンの地図が欲しいなあ!
    いつもそう思いながら見ている大阪のおばちゃんです。
    自然がたくさんでゆったりな生活みたいやなあ~
    楽しそうですね

    ReplyDelete
  2. hi.. just dropping by here... have a nice day! http://kantahanan.blogspot.com/

    ReplyDelete
  3. うめちゃんさん、こんにちは〜。

    私も地図が大好きです。
    地図を見ながら、旅の計画を立てるのって楽しいですよね。
    ワイト島は、自然がいっぱいですよ〜。
    また遊びにきてくださいね。

    ReplyDelete
  4. Hi, tagskie.

    Thanks for visiting my blog!
    I suppose you enjoyed looking at my pics?

    ReplyDelete
  5. 楽しそう!
    小さいころからの友達って、時間をおいても
    すぐに昔みたいに打ち解けられていいですよね♪
    ワイト島きれいなところですね。
    フェリーっで30分というのも気軽な感じ!
    フェリーが構造日本のと変わらないと思うんですが
    オサレに感じるのはアテクシだけ?
    ビリーの尻尾が嬉しさいっぱいって感じです!
    で、アカリスですが、にゃんぼが狙ってるのはエゾリスですわね。
    そう、我が家は北海道に行くのです。
    あと2週間!
    楽しみですー。

    ReplyDelete
  6. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    ほんとに楽しくって、あっという間に時間が経ってしまいました。
    子供たち、もう次に会う計画を立てようとしてますよ。
    ワイト島はこじんまりしていて、北から南まで車で約30分くらいなので、どこに行くにもあまり時間がかからずにすみます。
    フェリー同じですよ、オサレに見えるのは錯覚!(笑)
    北海道〜、いいですね〜。
    私はまだ北海道にも九州にも足を踏み入れたことがないので、今度は絶対どちらに行ってみたいです。
    エゾリスも可愛いよねー。

    ReplyDelete