Tuesday, 29 August 2017

オリンピック・パークでボート・ツアー

ちょっと前に、ダンナ&ビリーと一緒に散歩をした、Queen Elizabeth Olympic Park(クイーン・エリザベス・オリンピック・パーク)。
↓↓↓
朝食&散歩@オリンピック・パーク

そのとき、パーク内の水路にある、Carpenters Road Lock(カーペンターズ・ロード・ロック)の修復が終わっているのに気がついたのですが・・・

週末にCanal & River Trust(カナル&リヴァー・トラスト)という運河と川の協会の主催で、「East London Waterway Festival(東ロンドン・ウォーターウェイ・フェスティバル)」というイベントが行われました。
↓↓↓
Canal & River Trust(カナル&リヴァー・トラスト)

イベントは水路復活の記念で、バンク・ホリデイで休日だった昨日から、一般の人たちもこの水路の行き来ができるようになったとか。

で、そのイベントの一環である、カーペンターズ・ロード・ロックを通るボートに乗って来ました〜!

私とダンナが乗船したのはココから。


オールド・フォード・ロックという閘門(こうもん)です。


ボート・ツアーは所要時間45分だったのですが・・・
↓↓↓
Lee and Stort Boat Co Ltd

絶対歩いた方が早いくらいの、のんびりしたスピードです。(笑)

昨日は快晴でとても暑い日だったので・・・


ダンナと一緒に、ボート内で販売していた、キンと冷えたビールを飲みながら楽しみました。

そして出発〜!


昔はこの周辺はほんとに汚くて、こんなボートに乗れる日が来るとはねー。


しばらく進むと、スタジアムが見えてきます。

これはもちろん、ロンドン・オリンピックのときはメインのスタジアムとして使われていましたが、現在はロンドン・スタジアムと呼ばれています。

ときどきコンサートや陸上大会で使用される以外は・・・


地元のサッカー・チーム、West Ham United Football Club(ウェストハム・ユナイテッドFC)の本拠地です。

なんか、成績悪いみたいだけども。(爆)

そして、いよいよカーペンターズ・ロード・ロックなんだけど・・・


先客がいて、しばらく待つことになりました。

イギリスの運河でよく見るロックとは違ってて・・・


上下に動くカーブしたタイプの珍しい閘門で、なんとイギリスで唯一だそうです。

先客が閘門を通過して、いよいよ私たちの番!


まず、第1の閘門扉の下を潜り、第2閘門扉との間に進行し・・・


第1閘門扉が完全に下りたあとに、第2閘門扉がだんだんと上に上がってきます。


そして、閘門を通過〜。


フェスティバルでは、足漕ぎのスワンボートも賑わっていたようです。


そして、ボートから眺めるLondon Aquatics Centre(ロンドン・アクアティックス・センター)。


もちろん、この角度から見るのは初めてなので、ちょっと不思議な感じ。


ところで、この水路が復活したのは、2012年のロンドン・オリンピックが決定したおかげ。

カーペンターズ・ロード・ロックの仕組みはこちらの映像で・・・



そして、こちらの映像(↓)で、それ以前のヒドい様子がわかると思います。

現在の美しいリー川を保存して、いつまでも素敵なオリンピック・パークであって欲しいな〜♪






英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国政府観光庁オフィシャル・ショップ スペシャル・オファー

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment