Tuesday, 12 October 2010

その名はクイーン・エリザベス

あ〜、今日は疲れた。

昨夜、滞在していたSouthampton(サウサンプトン)から、朝1人で車を運転して帰ってきたのです。

というのも・・・

昨日はダンナの仕事で、キューナードの豪華客船Queen Elizabeth(クイーン・エリザベス)の命名式へ行ってきました。

以前に行ったクルーズ船でパーティーの時のように、今回もしっかりとパスポート・チェックやセキュリティー・チェックなどがあり、船にチェック・イン。

が、、、

今回は、先に部屋に入れないってことだったのです〜。

まずはオーシャン・ターミナルとクルーズ船の横で、命名式に出席。

クイーン・エリザベスの命名式は、エリザベス女王が自ら行なうということで、女王陛下の近衛軍楽隊も参加していました。

お天気はよかったのですが、風が強いったら〜。

みんな風の中をよく頑張って演奏していました。

エリザベス女王はいつやってくるのかと思うと、巨大画面に船内を見学する女王陛下が。

あらら、、、まだあんなところにいたのか〜。

が、私達はオーケストラの演奏やら、ソプラノ歌手のレスリー・ギャレットさんの歌を聴いたりしていたので、飽きることはなかったですけどね。

そして・・・エリザベス女王のお出ましー。

なんか遠くでよく見えないんですけど。(笑)

ズームしてもこれですからね。

あ、女王は水色のスーツを着ている方ですよ〜。

無事にエリザベス女王が命名し、シャンパンもちゃんと割れたみたいです。

命名を終えた女王は、このあとさっさと車に乗って帰ってしまいました。

正味小一時間というところでしょうか、、、

あ、でも船の中も見学していたし、2時間くらいはいたのかな。

ここからウィンザー城にでも行ったのでしょうか。

さて・・・

船内はというと、やはり豪華です。

すべて装飾はアール・デコ調に統一してあって、当時の雰囲気がよくでていて素敵でした。

客室は、まぁホテルのような感じかな。

客室によっては、ジャクジー付きっていうのもあるらしいですよ。

私達のはスタンダードでしょうね。

ディナーは4コースで、同席したゲストの人たちも話し易い感じで和やかな感じでした。

その中の1人は某大臣だったのですが、けっこう気さくな人だったです。

せっかくの宿泊付きなのでゆっくり遊びたかったけど、ダンナは早朝起きでロンドンの会議に行かなきゃってことで、夜中12時過ぎくらいで退散。

今朝は6時起きで、ダンナをサウサンプトン駅まで送り、そのあとは1人で下町ロンドンまで車で帰ってきたってわけです。

帰宅途中にスーパーマーケットで夕食の食材の買い物、帰宅後はさっと掃除機をかけ、そのあとエセックス州にあるケネル(ペットホテル)にビリーのお迎え。

主婦もラクじゃないのです。

今夜はゆっくり寝るぞー!



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. 大臣と同席なんて、すごいです~。
    セレブジャマイカ!
    お部屋もホテルみたいで綺麗!
    もっとゆっくりできればよかったですね。
    でも、ご主人お仕事じゃ仕方ないですわね;
    老後はこういうお船で世界一周とか、夢ですわ~♪
    ねこなすさんのおかげで妄想に映像がつきました(笑)

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    あの大臣、地味な役なので普通の人は知らないと思います。(笑)
    セレブの人もチラチラ居ましたのよ、オホホ。
    えげれすの有名人ですが。
    ほんと、もっとゆっくり出来れば夜も楽しめたのにー。
    それに朝食抜きだったし、、、高速の休憩ですよ。(ボソ)
    まぁダンナの仕事と割り切れば、しょうがないですが。
    竜巻猫さん、これで世界一周したら、えげれすにも寄ってくださいね〜。

    ReplyDelete