Friday, 8 October 2010

イギリスの宅配便

この前、ダンナがオンライン・ショップで靴を買いました。

そういえば、ダンナ、以前もこの会社から靴を買ったことがあるんですよね。

で、今回は2足購入。

ある日、それが届いたのですが、1足はなぜかサイズが合わずに(ちょっと大きい)、送り返すことになりました。

やっぱりスタイルが違うと、サイズが同じでも合わないことがあるんですよね〜。

その送り返すのも、靴会社の負担で宅配サービスで集荷してくれるってことに。

普通、イギリスだと配達とかの時間の指定ってものがないのです。

せいぜいあっても午前または午後とか。

だいたい午前8時から午後6時の間とか、1日無駄になるようなことになるんです。

ところが、この宅配サービス、なんと10時から12時の間と時間指定をしてきました。

『あら、スゴいじゃないの。イギリスもやっとそういう時代になったのかしらん。』

なんて呑気に構えてたら、その時間になっても誰も荷物を取りにくる気配なし。

やっぱりね・・・。

そんなわけないと思ったよ。

で、結局、荷物を取りにきたのは午後3時過ぎ。

まぁ期待はしていなかったから、それほどムカつきはしないけど、やはり私の予定が狂います。

そして、新しい靴の配達。

今度も時間指定をしてきました。

この配達は午後2時から午後4時の間という予定だったのですが・・・

夜になっても誰も来ないのです。

で、結局、靴の配達は次の日の午前中。

それじゃぁ、時間の指定をする意味がないっていうの!!

これでよく商売が成り立つな、と感心せずにはいられません。



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. さすがえげれすという感じですが
    日本でも最近遅配が問題になってるんですよ。
    佐川と郵便局が手を組んだらしくて(詳しく知らない)
    お中元の生モノが遅配されて夏ごろ大変な騒ぎでしたよ。
    あと、メール便てのがあって、よくアマゾンとか書籍関係はこれで届くんですが
    宅急便に比べて配送料が安いので、重宝してたんですが
    このメール便は自宅の玄関まで届けるんじゃなくて
    ポストまで(だから責任もてません)てのを婉曲的に書いてるんですのよ。
    で、実際遅配どころか(メール便はもともと時間かかるんですが)
    紛失事件が結構起きてるらしいんです。
    ネットショップの方でも例の責任持てません的なスタンスだったりして
    クレームが多いみたいです。
    実際アテクシの友達も(プリさんです)被害に遭ってましたし;
    日本人もダメじゃん!

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    なんとー!!日本もそんなことになってますかー。
    なんか残念です。
    ダンナに、『日本じゃあり得ない!!』と言えないぢゃないですか〜。(笑)
    プリ兄さんも被害を受けているようじゃ、かなりありそうですね、紛失。
    やだなー、日本、えげれす化しちゃってー。
    遅配で済めばまだマシってことですよね。
    生モノはマズいですが・・・(汗)。
    メール便っていうのは、つまりは郵便ってことのようですね。
    なんで違う言葉なんでしょ?
    ネットショップも便利な反面、こういう問題もありますよね。

    ReplyDelete