Thursday, 31 January 2008

お弁当箱の中身と宗教の自由

イギリスの学校の給食はお粗末です。

全国どこでも、というわけではありませんが大抵のところはお粗末。

うちの子供たちが小学校へ通うようになってから、その小学校のメニューの中身を確かめてみると、ほとんど新鮮な食品を調理しているのではなく、冷凍食品または加工食品をオーブンで温めただけのものが多いのでした。

そのことを裏付けるようにここイギリスでは、イギリスのセレブ・シェフであるジェイミー・オリバーが2年くらい前に給食の質を上げるキャンペーンをして大きな話題になりました。

それ以来少しは質は向上した模様ですが、下町ロンドン地区ではまだ向上途上のようです。

そんなわけで,小学校に入学以来子供たちにはお弁当を持参させています。(学校では,給食、お弁当、または家に帰って食べる、という選択ができます。)

長男がある日こんなことを言ったことがあります。

『お母さん、ハムのサンドイッチはもう入れないでよ。』

『なんで?』

『ハム嫌なの、なんでも。』

その後また少ししてから聞き直すと、どうもムスリム教の子達にからかわれたよう。

以前にもご紹介したように、下町ロンドンの学校ではムスリム教の子供たちが大多数。

ムスリム教の人達は豚肉を食べません。

だから豚肉は給食にも出ないし、ハラル肉というムスリム教の教えにそった鶏肉を給食に使っています。

そんな環境の学校で、長男がハム入りのサンドイッチを頬張っていたら・・・・・、

からかわれてしまったわけですねぇ。

しかも、親友である友達も助けてくれなかったよう・・・彼もムスリム。

ムスリム教という宗教は尊重するけれど、その教えを長男にまで押し付けるっていうは納得できない!

『お母さんはハムを入れるのは止めないよ。サンドイッチの中身はツナだったり、ジャムだったり、ハムだったりするよ。だってあなたはムスリムじゃないんだから。その子達にボクはムスリムじゃないから何でも食べれるんだっていってやれ。』

『・・・・』

その後,また何かあったら先生に言うしかないかなと思っていましたが、なんとか長男はそのお弁当箱の問題を乗り越えたようです。

下町ロンドンでは、お弁当箱の中身と宗教の自由は大きく関係あるのです。

最近ハムを買ってないけど、またサンドイッチに入れちゃおうかな。



日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!更新の励みになります。
 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ



答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

楽天トラベル 海外航空券予約

4 comments:

  1. ひのっこママ31 January 2008 at 11:21

    ねこなすさん、こんにちは。
    給食(お弁当)と宗教の問題・・・日本ではまずないですね。息子さんもからかわれて悔しい思いしたとは思いますが、乗り越えたって事ですね。もうハム大丈夫かな!?

    イギリスの給食は質が悪いって事ですが、私は給食が楽しみな子供だったので、それでは午後の授業も頑張れませんね。日本の給食は美味しい方ですよね?

    テレビ番組の影響でお料理されて、ついでに晩御飯も作ってくれたらいいですね(笑)私も子供と一緒に子供向けではありますが料理番組見ています。これが、結構勉強になるんです。

    ReplyDelete
  2. ひのっこママさん

    こんにちは〜。

    宗教との関係って、日本にはないですよね。

    私も給食大好きでした!といっても小学校3年生くらいまでは食べるのが遅くて、ちょっとストレス感じてました。
    でもある日突然早くなり、おかわりもできるようになりました。日本の給食は世界一だと思います。

    イギリスの給食は改善されたとはいえ、チップス(フレンチフライ)が週3回出ていたのが1回に減って、加工食品を減らした感じ。
    でも息子に聞くと、そんなに変わりはないようです。

    子供たちが自立心を持てるように、料理も利用したいものですね!食は人間の基本ですもの。

    ReplyDelete
  3. 桃太郎君の学校も小学校のときはひどくてお弁当にしていました。
    でもアレルギーのある子がいるのでナッツ類は持って来ないように連絡がありました。
    子供同士で取替えっこなんかをして、事故にならないようにという配慮です。

    中学校になってからはメニューもまともだし、食べ盛りなので給食に変えました。
    ハーフタームで150ポンドくらい払っていますから計算したら一食5ポンド前後かな?
    でもローストとかフィッシュアンドチップスとかカレーなど、バラエティーに富んでいるし、何分温かいものがちゃんと食べられるようです。
    ロンドンの給食で一番美味しいのはサウスケンジントンのリセ。
    何とガイドブックにも載っています。
    さすがフランス人ですよね。

    ReplyDelete
  4. mikiさん

    こんにちは〜。

    そうそう、うちの方もナッツ類は禁止です。でも学校にチョコレートバーなどをお弁当箱に入れて持たせる親もたくさんいるようです。

    長女の通うセカンダリーも結構まともみたいです。そこは1食£1.70だそうです。でも彼女がお弁当がいいというので、まだお弁当のまま。早く切り替えてくれるといいのに〜。

    サウスケンジントンのリセですか、、、なんとも羨ましいですね。

    ReplyDelete