Monday, 22 September 2008

キノコを見つけても・・・

ブログでも何回か登場している、我が家の憩いの森「エッピング・フォレスト」。

ロンドン市(City of London)が所有する6000エーカーの森です。

紀元前からあるこの原生林は、鉄器時代から人々が生活していたり、王族の狩猟場として使われていたんですよ。

私達はエッピング・フォレストのゴミ拾いボランティアをしているので、たまに森を歩いてはゴミ拾いをしています〜。

この前も森に歩きにいきました。

そうすると、ロングホーンを呼ばれる牛がお出迎えしてくれました。

この森では、伝統的な放牧も森林管理のひとつなのです。

そして・・・

その近くで見つけたこんなに大きいキノコ!

長男の手は私の手と同じくらいの大きさ。

それよりも遥かに大きいキノコです。

牛さんの落とし物のおかげなのかしらん?



いつもキノコ狩りがしたいと思いながら、まだそういったツアーに参加したことのない私達。

この森ではキノコ狩りをするにはライセンスが必要なので、かってに取るわけにはいきません。

キノコの本を見ながらでも、はっきり食用とは判明できずにいる私達。

例えば、本を見ていると・・・

「Aはとっても美味しいキノコ。毒キノコのBとよ〜く似ているので気をつけましょう」

などとあります。@@;

写真を見比べてみても、ほとんど同じ感じ。

う〜ん・・・

キノコ狩り名人とご一緒しないと、やっぱり怖い。



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ



答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

楽天トラベル 海外航空券予約

4 comments:

  1. すごい、おばけきのこ!
    アリスに出てきそうですね…;
    食べると、大きくなったり小さくなったりしちゃいそうです。
    それにしても、森ー!
    すごいですね。
    こういう場所が、ちゃんと保存されててー。
    プーさんが赤い風船持って
    クリストファー・ロビンと一緒に歩いてそうです。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    そうでしょう!
    スゴい大きいの〜。
    あれが食用だったら、20人くらい分?
    うふふ、、、不思議の国のアリスのキノコね。
    たしかにそういう感じします、、、やっぱり食べるの怖い。
    この森、ほんとにお気に入り!
    私達は雨の日も、雪の日も、もちろんお天気の日も歩いたことがあります。
    ちょっと歩くだけで、心の洗濯ができますよ〜。
    まだプーさんは見かけたことがありませんが、シカはあります。(笑)

    ReplyDelete
  3. エッピング・フォレスト、面白そう!

    ロングホーン達がとても気になります。きのこもぐんぐん大きく育っちゃう環境なのですね。

    家族でボランティア活動、素晴らしいですね。どこの国でも同じですが、ごみをゴミ箱に捨てる(または持ち帰る)という基本的なことができない人間がどうしているのか、不思議でなりませんね。

    ReplyDelete
  4. chamaさん、こんにちは〜。

    エッピング・フォレスト、イギリスに来た時にはぜひ寄ってみてください〜。
    ロングホーン牛はいつも同じところにいるわけではなくて、いろいろなところに出没してます。
    キノコもいろいろな種類のが育っているようですが、私達にはどれがどれだかよくわかっていません〜。
    ゴミにはほんとにガックリですよ!(犬の糞も)
    でも文句ばかりでなくて、自分たちでもできるところから手伝おうということで始めました。

    ReplyDelete