Friday, 30 January 2009

下町ロンドンのリサイクル事情

たまにブログやメルマガで取り上げるイギリスのリサイクル事情

イギリスのリサイクルはこの数年活発になってきたばかり。

現在、下町ロンドンでは、生ゴミ(庭やキッチンのゴミ)、紙、段ボール、缶、瓶、アルミニウム、電池、エンジンオイル、布、PETボトルなどの回収があります。

でも、リサイクル回収に来る作業員が、何をリサイクルできるのか曖昧なこともしばしば。

以前、こんなことがありました。

リサイクル回収車は作業員3人くらいのチームで来るのですが、電池をビニール袋に入れてリサイクルの箱の中に入れておいたら、作業員の1人が古電池を持っていきません。

で、慌てて外へ出て行き、

『ちゃんとこれも持っていって〜!』

その作業員がいうには、

『これは回収してないから…。』

でも私もその作業員の責任者に直接聞いてみると、やっぱり回収しているとのこと。

社員教育をしっかりして欲しいよね、まったく。

それに・・・

リサイクル回収も、PETやHDPEボトルは持っていってくれるけど、同じ素材のPET(ポリエチレンテレフタレート)やHDPE(高密度ポリエチレン)で作られたパッケージは持っていってくれません。

持っていってくれなくても、「同じ素材で作られているのだから、同じようにリサイクルできるはずでは?」と、やっぱり納得いかずにゴミとして捨てられません。

たまにボトルと一緒にビニール袋に忍び込ませることもあって、持っていくこともあるのですが。

でも、いつもPETやHDPEのパッケージは家にためておいて、スーパーマーケットのプラスチック・ボトル収集場所に捨てにいきます。

他のPP(ポリプロピレン)などのプラスチックのリサイクルは、残念ながらまだ行なわれていません。

それから・・・

この前も、問題になっていたのがリサイクルに出した後の処理。

イギリスにはほとんどリサイクル設備が整っていないため、リサイクルとして集められたものは中国などに輸出しているらしいです。

今、世界中の経済難で、その肝心なリサイクル需要量も減ってしまっているので、リサイクルはたまるばかりとか。

なんだか、こういうことを聞くと、リサイクルする意欲もメゲテくるわ〜。



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. いやー、実際これだけゴミがあるのに
    ちゃんと処理されてるのかってのは、常に疑問でした。
    中国へ輸出とはー!
    驚きました。
    日本はちゃんとしてるんだろうか?
    とりあえず、各家庭でしっかり分別することですね。
    集まった先で困らないように。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    ほんとにすごいゴミの量ですよね。
    なるべくゴミは出さないようにしていますが、やっぱり週に1回は大きな袋のゴミがでます。
    リサイクルも各自治体で処理ができるように、いろいろな対策が必要だと思います。
    下町ロンドンは分別して回収していますが、他の自治体だとリサイクルのものすべてを混ぜて回収しているところもあるんですよ。
    あ〜いうのは能率も悪いし、ほとんど普通のゴミ化してしまう可能性があります。

    ReplyDelete