Thursday, 5 April 2018

マスターシェフにウンザリ

今週末は長男のオートバイのレースなので・・・

今夜から、ダンナと長男はキャラバンでお出かけ。

で、ダンナと長男が出かけたあとに・・・

ちょうど今、イギリスで放映しているテレビ番組MasterChef(マスターシェフ)を観ていました。

マスターシェフって、私がイギリスに来た頃からやっている長寿番組ですが・・・

今のようなスタイルになってからかなり人気が出た番組で、世界各地で同じような番組があるようですね。

そういえば、ここのところ巷で盛り上がっているのは・・・
↓↓↓
Malaysians roast MasterChef over chicken rending elimination(BBC)
Skin trouble: why Malaysians have been irked by MasterChef(ガーディアン紙)

このマスターシェフのアマチュア料理人出場者の1人の敗退理由。

ブリティッシュ・マレーシア人の出場者が作ったチキン・レンダンの、鶏肉の皮がクリスピーでない、というものです。

チキン・レンダンって、私もマレーシアだけでなくてシンガポールやロンドンでも食べたことあるけど・・・

皮がクリスピーなことなんてなかったはず。

と思っていたら・・・

やっぱりマレーシアの人たちから、続々とソーシャルメディアで苦情が出ているとか。(笑)

「チキン・レンダンの鶏肉がとろけるように煮るから、クリスピーなわけないだろ!」って。(爆)

マスターシェフの審査員は、John Torode(ジョン・トロード)氏とGregg Wallace(グレッグ・ウォレス)氏の白人男性2人ですが・・・

トロード氏はオーストラリア出身、ウォレス氏はイギリス人なので、マレーシア人の作ったマレーシア料理の作り方を批判するっていうのが問題ってわけです。

もちろん味覚って人それぞれだし、どういう味を好むかはその人次第ですが・・・

作り方はその国の人が一番よくわかっているわけだしね〜。

必ずしも審査員が正しいとは限らない、といういい例です。




英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場




最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国政府観光庁オフィシャル・ショップ スペシャル・オファー

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. 我が家でも話題になりました(笑)ティムちゃんも、彼は何の資格で審査員をしているのか理解できないから見たくないと文句を言います。いつだったか日本人の女の子のデザートも酷評されてましたよね。アングロサイズして、なおかつ甘くないと彼の好みじゃないみたい!!

    ReplyDelete
  2. Mikiさん、こんにちは〜。

    やっぱり!(笑)
    あぁいうのってイラつきますよね。
    でも他にいい番組がないときは、つい観ちゃいますが。
    特に日本人は甘すぎないデザートが好きだから、この国のデザートの甘さを考えると、不利になるのかもしれませんね。

    ReplyDelete