Monday, 13 February 2017

ヨーロッパ健康保険カードの更新

ダンナと長男は、スペインに行っている最中。
↓↓↓
スペインのレース・スクールへ

その予定が決定してから、ダンナに・・・

長男のEuropean Health Insurance Card(EHIC/ヨーロッパ健康保険カード)の有効期限が切れていないかどうか確かめておいて、と言われていました。

EHICは、ヨーロッパ内の保険証みたいなもので、ヨーロッパを旅行中にその国の居住者と同じように、公的な救急医療を利用することが出来ます。

で、数年前に更新したし、まだ大丈夫だろうとタカをくくってました。

出発の数日前に、いざ確認してみたら・・・

昨年に切れてた〜!(爆)

長男のカードが切れているということは、前回同時に更新した私と長女のも切れているということです。

ってことで、すぐにインターネットで更新を申し込みました。

以前更新したときとシステムが変わり、NHS(National Health Service/国民医療保健サービス)から申し込むようになっていて・・・
↓↓↓
European Health Insurance Card (EHIC)

一家全員の分を一斉にすることも可能になっています。

といっても、我が家の場合、ダンナのEHICはまだ有効期間だし、長女は20歳以上なので自分で更新しないとダメ。

なので、私と長男の更新のみ。

で、長男がスペインに出発するときには、とりあえず古い有効期限が切れたEHICを持たせ・・・

出発して2日経って届いた、新しいEHICの写真を送っておきました。(笑)


ちなみに、このEHICを持っていれば旅行保険は必要ない、というわけではありません。

ヨーロッパでも、The Channel Islands(チャンネル諸島)、The Isle of Man(マン島)、Monaco(モナコ公国)、San Marino(サンマリノ共和国)、The Vatican(バチカン市国)では使用できません。

それに、国によって、公的な救急医療のカバーが違うので、治療費などもその国によって様々・・・

無料か一部有料、全額支払ったあとに還付してもらったりなどそれぞれです。

例えば、イギリス在住だと、救急車で病院に連れて行かれても無料ですが・・・

国によっては、救急車のサービスはプライベートの業者がしている場合もあるので、代金は自腹で払うことになったりするわけです。

それに国籍が加盟国以外であると、EHICの対象外であることも。

たしか日本国籍(イギリス在住)、というかEEA以外の国籍だと・・・

アイスランド、キプロスとデンマークでは救急治療のみだけの一部カバー、ハンガリー、リヒテンシュタイン、ノルウェーとスイスではEHICは使えないはずです。

以前調べたときから、また変わったかもしれないけどね。

新しいEHICをチェックしてみたら・・・

有効期限は2022年。

EU離脱したあとも、ちゃんと使えるのかしらん?




英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国政府観光庁オフィシャル・ショップ スペシャル・オファー

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. あら、2022年まで有効なんですか?私はもう2年で終わりかと思ってました。その辺もまだ決まってないんでしょうね。

    ReplyDelete
  2. Atsukoさん、こんにちは〜。

    そう、たぶんまだ何も決定していない状態だからだと思います。これは便利だから、なるべく存続して欲しいと思うけど、まだ実際に利用したことはありません。

    ReplyDelete