Sunday, 1 November 2015

オイル・フリーのヒーター

以前から、ず〜っと迷っていたことがあります。

それはポータブルのヒーターを購入するかどうか、ということ。

迷っているうちに、数年経ってしまいました。(爆)

我が家の各部屋には、イギリスの家には必須とも言えるセントラル・ヒーティングのラジエーターがありますが・・・

ダイニング・ルームになっている部屋と、長女の部屋の2つの北向きの部屋はちょっと寒いのです。

ダイニング・ルームには暖炉もあるのですが、ご飯だけ食べるだけに暖炉をいちいち焚くのも面倒で・・・

本当に寒い日に、家族全員が集まる日や、家にゲストが来るときくらいしか使いません。

リビング・ルームの薪ストーブは、みんなが自然と長く居るので、冬の間は大活躍してますけどね。
↓↓↓
ストーブ設置工事

ちなみに、下町ロンドンはもちろん、ロンドン全域って許可された無煙燃料しか使ってはいけないことになってます。

なので、ダイニング・ルームの暖炉は無煙石炭だけ使用可。

リビング・ルームの薪ストーブは、特別許可のあるエコなストーブなので、薪を燃料として使うことが可能になっているわけ。

で、話はポータブルのヒーターに戻りますが・・・

やっぱり今みたいな時期、冷え込みがイマイチでセントラル・ヒーティングが点かないときに便利かな、と思って購入しました〜。


特に、ダイニング・ルームで夕食を食べるときなどに便利。

食事の用意が終わる頃にスイッチを入れておくと、冷え切った部屋をサッと暖めてくれます。


こういうタイプのヒーターには、オイルが入ったオイル・ヒーターもあるけども・・・

以前、オイルが漏れることがあり得る、と聞いたことがあるので止めておきました。

で、私の買ったのはオイル・フリーのヒーターです。
↓↓↓
Dimplex:Oil Free Portable Column Heaters

日本のウェブサイトはこちら

オイル・ヒーターよりも暖房効率がいいみたいだし、とても静かですぐに部屋も暖かくなります。

エコだし結構軽量なので、ダイニング・ルームと長女の部屋との持ち運びもラクラク。

重宝しそうなヒーターです。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国政府観光庁オフィシャル・ショップ スペシャル・オファー

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment