Thursday, 15 May 2014

ウェールズの刑事ドラマ「Hinterland/ヒンターランド」

先週あたりから下町ロンドンに、ちらほらとSwift(スウィフト/アマツバメ)が到来しています。
↓↓↓
アフリカからのお客様

ほんと気持ち良さそうに、空をスイスイ飛んでいて、ついつい見とれてしまいます。

さて、月曜日から作っている自家製ザワークラウトですが・・・
↓↓↓
自家製ザワークラウトを作ってみる♪

朝、ガラス瓶の蓋を開けると、ガスが抜ける音がするので、順調に発酵しているようです。

味見してみたら、ちょっと酸っぱい風味が出ているので、そろそろ出来上がりも近そう。

自分の好みの酸っぱさまでいったら、冷蔵庫で保存するつもりです。

簡単に出来るし、歯応えもあってお漬け物のような感じで美味しいので、これは定期的に作っていこう思いま〜す。

そういえば、現在、BBC4で放映されているHinterland(ヒンターランド/後背地)という、イギリスのウェールズを舞台にした刑事ドラマがやっているのですが・・・



これが、けっこう面白いのです。
↓↓↓
Will Welsh TV thriller Hinterland be the next Netflix hit?
ウェールズのTVシリーズは次のネットフリックス・ヒットになるか?(ガーディアン紙)

というのも、ウェールズ地方では今もウェールズ語が日常的に使われているのですが、このドラマでもウェールズ人同士でウェールズ語を話している部分があって(英語字幕あり)、独特の雰囲気を生み出しています。

なんだかイギリスのドラマなのに、北欧の刑事ドラマっぽい空気が漂っているのです。

ヒンターランドって、日本語でも「後背地」の他に「内陸地域」とか「田舎/辺境地」なんて意味もあるみたいだけども、そういう感じが画面からひしひしと伝わってきます。

このドラマ、実はウェールズでは一足先に放映されていたようで、そのときは完全ウェールズ語版だったみたい。



俳優さんもみんなウェールズ出身なんだろうね。

日本でも放映されるのかな?

イギリスのちょっと変わった一面を知るためにもオススメです〜。

ドラマは、Aberystwyth(アベリストウィス)というウェールズの町を中心に西海岸周辺が舞台になっているのですが、今年の冬にイギリスを襲った嵐でアベリストウィスも被害を被りました。



町はすでに修繕されて、いつもの穏やかな海辺の町に戻っているといいけれど。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

英国政府観光庁オフィシャル・ショップ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. このドラマは知りませんでした。
    って言っても、最近レンタルもチェックしてないんですけどね。
    ほんと、TSUTAYAにも足を運ばなくなりました。
    ザワークラウトが順調で嬉しいです。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    なんかこのドラマ、日本でもテレビ(ミステリー・チャンネル?)で始まったらしく、このブログ記事のアクセスが増えました。(笑)
    ザワークラウト、ぜひtatsumakinecoさんも作ってみてください。

    ReplyDelete