Tuesday, 1 October 2013

昔のエセックス州の地図

もう10月ですね〜。

ダンナが出張なので、今朝、ビリーの散歩に行ったのですが、6時半頃ってまだ薄暗い感じ。

なんだか、ジリジリと冬が迫ってきてますねー。

さて・・・

我が家に飾ってある、小さな昔の地図。



これって、何年も前にマン島にホリデイに行ったときに購入したものです。



小さな地図は、エセックス州の1678年版地図。

たまたま入った、小さなアンティーク・ショップに売っていたのですが・・・

なんと、我が家がある下町ロンドン区も、この地図の中に入っているのです。

っていうのも、昔は、この辺もエセックス州だったのですよね〜。



地図の中には、なぜかHundred(ハンドレッド)というものがたくさん見えるのですが、それって、100という意味ではなくて昔の行政区域。

この地図、イラストもなかなか可愛らしくて気に入ってます。

もちろん、よく散歩に行くエッピング・フォレストも描かれてるし〜。

なんでこれがマン島にあったのかよくわからないけど、たぶん昔の本の一部とかでしょうね。

高いのかな…と思ったら、当時でもたったの£5!

まだ、1914年築の我が家も建っていない頃の地図。

どんな様子だったのか、タイムマシーンで行ってみたい気がします。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

4 comments:

  1. はじめまして、English-Daisyです。
    エセックスの地図ということで、思わずコメントしてしまいました。
    話題の少ないエセックスですので、、、
    私はエセックスの住人で、地図を見て「ここ!ここ!」と指差してしまいました。

    今後もねこなすさんのブログを読みに立ち寄ります。
    よろしくお願いします。

    English-Daisy

    ReplyDelete
  2. English-Daisyさん、こんにちは〜。

    はじめまして、コメントをどうもありがとうございます。
    エセックス州に住んでいるのですね〜。
    たまに、エセックス州にあるオーガニック農場のレストランとかに行ってますよ〜。
    これからもよろしくお願いします。

    ReplyDelete
  3. また珍しいものをー!
    この前の記事にコメントが入らなくて、こちらに先に試してみます。
    なんでだろう???

    ReplyDelete
  4. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    またコメントダメだったのね。
    ほんと気まぐれな・・・ご迷惑をおかけしました〜。
    で、この地図、じーっと見ていると面白いのですよ。

    ReplyDelete