Sunday, 22 September 2013

家族で世界1周の旅

ダンナの友人家族が、ヨットで世界1周の旅に出ました。

それも、私たちが、日本にいる間に出発してました。(爆)

で、今度のハーフ・タームにでも、みんなでまたドーセット州に遊びに行こうか、と話していた矢先・・・
↓↓↓
ドーセット州で休暇

いきなりメールで、友人Dからヨットの旅に出た、という知らせがあったのです〜。

で、現在、彼らはジブラルタル到着。

友人夫婦は、子どもが3人いるのですが、みんな男の子で9歳と6歳の双子。

なので、もちろん、子どもたちは学校を休学させて、ホーム・スクールという形態をとっているそうです。

妻のKは、小学校の先生だし、問題はないでしょう。

それにしても、夫のDは、昔から、突然こういうことをやるのよねー。

オックスフォードに住んでいたときは、とってもいい仕事をしていたのに、突如仕事を辞めて、先生になるトレーニングを始めて・・・

結局先生にはならずに、昔から好きなヨット・レースのskipper(艇長)になって、レースに参加したり。

それを辞めたと思ったら、今度はあるビジネスを買い取って会社経営を始めたり。

艇長としてヨットで世界1周したこともあるので、今回の旅もあんまり心配はしていませんが・・・(笑)

これを聞いて羨ましがっているのはダンナ。

仕事を長期休暇して海に旅に出る。

誰でも一度はやってみたいかも?(笑)

というか、Dの場合、これは家族を巻き込んだ、Midlife Crisis(ミッドライフ・クライシス)ではないのかしらん?(笑)

でも、現実はそんなに甘くない!

生活費、住宅ローンはどうする、といろいろ考えているとそんなのムリだし〜。

親の都合で、もうセカンダリー・スクールやカレッジに通っている子どもたちの教育を中断させるわけにもいかないしね。

ダンナ、定年までガマンしてね。(笑)




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. スゴイ人ですねーD!
    もともと、すんごいお金持ちなんだろうか?
    会社買い取るとか(笑)
    お金があるなら、そういう思い付き(失礼)みたいな行動も可能なのかもしれないけど、巻き込まれてる家族はどう思ってるんでしょう?
    なかなか出来ない体験ではあるだろうけど。
    もちろん、普通の家庭でそんな冒険はできませんよ。
    ご主人はリタイアするまで我慢してね、ざます。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    特にお金持ちではないのですが。
    買い取った会社も地方の小さな引っ越し屋だし。
    でも、奥さんの実家はかなりお金がありそうですね。(笑)
    奥さん、ちょっととんだところがあるので、こういう思いつきが好きなタイプだと思います。(爆)
    現在、この家族はカリブ海の小さな島に滞在中のようです。
    いいなー、熱い太陽!

    ReplyDelete