Sunday, 10 February 2013

小雨の森

相変わらず、エディンバラ公賞のクラブのボランティアのゴミ拾いをしている長男、と長男の友人を連れて、ビリーの散歩に森へ行ってきました。

「ここにもゴミがあるよ〜!」と、長男たちに教えるビリー。


というのはウソで、ただ単に下を覗き込んでいただけ。(笑)

この間よりは、少し水が引いてきましたが、それでもまだどこもかしこもグチャグチャです。


ウォーキング・パスの横に、いつもチョロチョロ流れている小川も、まだ水位が高くて、ビリーの絶好な遊び場。


ビチャビチャ水の中を駆け回ってました。(笑)


枯れた木がちょっと緑だな、と思ったら・・・


こんなものが生えていました。


これって、lichens(地衣類)の一種ですよね。

たぶん、reindeer lichen(レインディア苔)とかいうのだと思うのですが、トナカイの角に似ているから、そういう名前なのかしらん?

そして、森の一画では、木の剪定が行われたようです。


こうやって、自然に見えるような森でも少しずつ管理されているのです。

今日は、小雨が降っているのにも関わらず、ウォーキングしている人はもちろん、けっこうたくさんジョギングしている人もいました。

私だったら、雨が降ったらすぐに挫けそう・・・。(笑)





魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. ビリー、なんとなく大きくなったような?
    直立してるからかな?
    ほんとに好奇心旺盛ですね。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    大きさは同じだと思います。
    が、私たちは毎日見てるからどうだろう?
    まだまだ落ち着きないですね、ビリー。

    ReplyDelete