Monday, 20 August 2012

北ウェールズにある水道橋

北ウェールズのLlangollen(スランゴスレン)周辺には、aqueduct(水道橋)がいくつかあります。

Chirk Castle(チャーク・キャッスル/チャーク城)の近くにも、Chirk Aqueduct(チャーク水道橋)があるのです。


この水道橋のすぐ横にあるのは、rail viaduct(鉄道高架橋)。

チャーク水道橋は、Thomas Telford(トーマス・テルフォード)の設計で、1801年に完成したそう。


チャーク水道橋は、ちょうどイングランドとウェールズの境界線にあり、こんな標識があります。

「ウェールズへようこそ」


水道橋を渡った反対側には、「Welcome to England(イングランドへようこそ)」って。(笑)

そして、このチャーク水道橋のウェールズ側には、長いトンネルがあるのですが・・・


トンネルも細いので、もちろん一方通行ということに。

で、トンネルの向こう側にライトが見えると(↑)、そのnarrow boat(ナロウ・ボート/運河ボート)が通り過ぎるのを待たないといけないのです。

ま、水道橋も同じですけどね。


こうやって、トンネルから出てきたのを待ってから、こちら側から進んで行きます。

が、ちょうど私たちがこの様子を見ているとき、ニアミスがありました。(笑)

トンネルから出てきたボートと、こちら側で待機していたボートがぶつかりそうになったのです。




アブナい、アブナい!

昔、私もダンナと一緒に、義両親が持っていたナロウ・ボートでホリデイに行ったことがあるのですが、ボートに慣れていないと、慌てちゃうことがあるんですよね〜。(笑)

そして、このチャーク水道橋とスランゴスレンの間に、もうひとつ水道橋があります。

2009年に世界遺産になったばかりの、Pontcysyllte Aqueduct(ポントカサルテ水道橋)。


これもトーマス・テルフォード設計で、1805年に完成したそう。

ポントカサルテ水道橋は、イギリスで一番長くて(307m)、もっとも高い(38m)水道橋です。

で、この水道橋、世界遺産ってことなのに、この辺にはまったく標識がありません!

観光客に来て欲しくないのか?って思わせるくらいに、まったくなし。

でも、やっと見つけました。(笑)

とにかくPontcysyllte(ポントカサルテ)の、小さな標識の通りに進んでみてくださいね。

世界遺産とかそういう特別な標識はぜんぜんないので。(笑)


こちらはチャーク水道橋よりも、より鉄橋という感じです。

で、これも反対側にまったく柵がなく、高さがさらにある分ちょっと怖そう。


以前、義父がここを通ったとき、柵のないほうのボート端に立っていたことがあったそうですが、下は見れなかったそうです。

見たら足が震えそうです。(笑)




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」

Project Fumbaro Eastern Japan
Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal)
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
JustGiving
Central Community Chest of Japan

日本赤十字/義援金
JustGiving Japan
CIVIC FORCE
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金
被災地支援表明ウェブサイト「できること」
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
JPF(ジャパン・プラットフォーム)
赤い羽根の共同募金
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. ぎょえー、なんか怖いですが。

    いろんなものがありますねー、えげれす。
    ↑アリエンティな狭いトンネルとか。
    ほんと、あっちとこっちで同時に出発したら大変なことですわね。
    それでなくてもニアミスだし。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    こういう建築物は、だいたい産業革命の辺りのものが多いですね。
    ちょうど技術的に成熟してきた頃なのでしょうが。
    っていうか、昔の職人さんの方が絶対腕がいいと思う!
    ちゃんと今でも使えるんだからねー。
    現代の職人モドキが作ったものは、きっと10年後まで保たないでしょ。(爆)

    ReplyDelete