Monday, 4 June 2012

生活保護大国

現代ビジネスで、こんな記事を読みました。
↓↓↓
週現スペシャル「生活保護大国」ニッポンの真実 働くより、もらったほうがラクで、トク!?おかしくない?そのカネは国民の血税です

これは、年収5000万円以上ある、人気芸人の母親が「生活保護」を受け取っている、ということから始まり、現在の日本の生活保護の実態を描く記事です。

その記事の中に、こんな部分がありました。

『27歳と7歳の母子家庭になると、2万3260円の母子加算や児童養育加算などもつき、月額24万1950円になる。

母子家庭にこれだけ手厚いと何が起きるか。都内のケースワーカーが語る。

「生活保護目当ての偽装離婚が急増しています。7人家族の夫婦が離婚して、5人の子供を引き取った妻が月30万円以上の生活保護費を受け取っていたケースもありました」』

こういうケースって、実はイギリスにもたくさんあるそうです。

私が知っているだけでも、いくつか聞いたことがあるし。

イギリスだと、生活保護がもうライフスタイルになってしまって、働いたことがない家庭で育った子供がそのまま生活保護を受ける生活に、ということもよくあるらしい。

だから今、イギリスでもなんとかこの部分の歳出を減らそうとして、生活保護の生活から抜け出させようとする事業計画とかあるけど、あんまり効果はないみたいだしね〜。

タイミング悪く不景気だし。

それに日本でも、生活保護の受給者には、医療費、介護費、住民税、出産費用、葬祭費用、NHK受信料がタダになったり、JR定期が割引になったりする特典があるらしいですが、イギリスでも同様の特典があります。

ま、イギリスの場合、生活保護でなくても、医療費や出産費用はNHS(National Health Service 国民医療保健サービス)だったら、直接出費はないですが(税金でとられるので)。

最低賃金で働いてもらう給料よりも、生活保護でもらうお金のほうが多かったりするらしいので、わざと働かない人も多いとか。

下手に働いたら、損をすると思っているわけです。

それにイギリスでは、生活保護だけでなく、様々な給付金を不正に受給している人たちが多々いるので、そういうのを追求したりするドキュメンタリー番組があるくらい。

でも、そうやって捕まるのは氷山の一角で、いたちごっこと言えるかも。

それにしても・・・

生活保護や給付金は、セイフティーネットとして絶対に必要なものだけど、不正に受給している人は許せないわ〜。

たとえば、こういうの。
↓↓↓
この罪は重い…。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」

Project Fumbaro Eastern Japan
Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal)
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
JustGiving
Central Community Chest of Japan

日本赤十字/義援金
JustGiving Japan
CIVIC FORCE
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金
被災地支援表明ウェブサイト「できること」
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
JPF(ジャパン・プラットフォーム)
赤い羽根の共同募金
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. んもう、情けない話ですよね。
    いっぱいいるんですよ、ニポン。
    「働いたら負けかな…」って(爆)
    働けよ!
    こういうのって、昔の人は潔しとせず
    本当に必要でも固辞したりしたもんですが
    今は羞恥心がないんでしょうね…。
    これだけ不正受給者増えると、審査基準が厳格化して
    本当に必要な人が救えないような状況に陥り
    セーフティネットの意味をなさなくなるかもしれないのに。
    自分さえよければいい人たち、猛省して欲しです。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    なんか、昔はそんなこと恥ずかしいことだって感じでしたよね〜。
    こちらでも多いですよ、不正受給者が。
    ほんとうに必要な人に、ちゃんと行き届かないと困るのに!
    こうやって不正にもらってのほほんとしている人もいれば、ちゃんと受給されずに餓死したりする人もいる・・・
    まったく納得いきません!

    ReplyDelete