Tuesday, 14 September 2010

念願のアンテロープ・キャニオン

アリゾナに住んでいた時には行く機会がなかったのですが、一度写真を見てからずっと行ってみたかったAntelope Canyon(アンテロープ・キャニオン)。

アンテロープ・キャニオンは、ユタ州との州境に近いLake Powell(パウエル湖)の側、Page(ペイジ)という町の外れにあります。

インディアン居留地(ナバホ族)の中にあるので、ネイティブ・アメリカン(先住人)のガイド付きでないと入ることが出来ません。

で、手っ取り早いのはアンテロープ・キャニオン・ツアー。

私達もさっそくツアーに申し込みました!

峡谷にはアッパー(上部)とロウワー(下部)があるのですが、私達が行ったのはアッパーです。

私達のガイドさんはシェリーさん。

ナバホ族のお母ちゃん、という感じでスゴい迫力のある人でした。(笑)

ツアーのジープも荒運転だったし。

シェリーさんがみんなに自己紹介してから、ツアー参加者のみんながどこから来たのか聞き始め、私の番に。

『ロンドンだけど、出身は日本!』

そしたら、思いっきり抱きしめられ、、、

『私達の先祖は一緒よ!』って。(爆)

たしかに、ナバホ族も蒙古斑があるっていうしね。

「Tse' bighanilini」と呼ばれるアッパー・アンテロープ・キャニオンは、ナバホの言葉で「水が岩を流れる場所」だそう。

その言葉通り、峡谷は嵐の時に降った雨が鉄砲水で浸食したりして、長い時間をかけて出来た幅の狭い峡谷です。

なので、現在も鉄砲水の危険性は多いので、雨が周辺で降ったりするとすぐに閉鎖になります。

ここで雨が降っていなくても、この峡谷に水が流れ込んでくることもあるそう。

静かならもっと神秘的なのだろうけど、まぁ観光客が多いこと。

ツアー客(1グループ12人くらいずつ)が私達以外にもいるので、けっこう狭い峡谷が混雑します。

日本人の観光客も多いらしく、シェリーが日本人っぽい人に注意する時には・・・

ちゃんと正しく言っているかどうか私に確認を取りながら、

『ハヤクシテクダサーイ!』とか

『スミマセーン、サキニイッテクダサーイ!』

とか言って、私たちのグループが写真を撮りやすいようにしてくれます。(笑)

それに、シェリーがカメラをもぎ取って、何度もみんなの記念撮影もしてくれました。

このツアー、たぶん1時間半〜2時間くらい。

もっとゆっくりしたかったな〜。

なんだか母体に戻ったようなホッとした気持ちになるとともに、神聖な気分になるところです。

Navajo Sandstone(ナバホ砂岩)がまるで生き物のように動き出しそうな感じです。

峡谷の高さは約37m、峡谷の全長はたぶん200mにも充たないくらい。

出入り口の反対側に出て来ると、またここから引き返します。

なんだか後ろ髪を引かれる思いでアンテロープ峡谷をあとに・・・

私達が行った日、ツアーの終わり頃に遠くで稲妻が光っていて、ゴロゴロと雷も聞こえてきました。

結局雨は降っていなかったけど、そのあとのツアーはキャンセルになったみたいです。



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. わー!
    ほんとに神秘的!!
    吸い込まれそうにきれいですねー。
    自然が作り出したのですわね~。
    素晴らしい!!!
    いいなー、いつか行ってみたいです。
    なかなかアリゾナとか考えたことなかったんですが
    見方がかわりました。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    ほんと素敵なところでした!
    ナバホ砂岩に張り付いて、感動してきました。
    ちょうどお昼あたりに行くと、太陽の光が渓谷に差し込んでもっと素敵なのですが、私たちは午後に行ったのでイマイチ。
    それでも素晴らしかったけれど。
    tatsumakinecoさんもいつかアリゾナにぜひ!

    ReplyDelete