Thursday, 29 October 2009

靄が晴れた後にステンレスの木

ダンナはまだ出張中なので、私がビリーの朝の散歩をしています。

そしたら今朝、下町ロンドンは靄の中でした。

なんだか薄〜いベールが降りてきたような感じで、神秘的な森でした。

森の中は、落ち葉がいっぱい。

もうすっかり秋です。

そして・・・

日中、用があって市内までちょっと出かけてきました。

そこで見かけたのが、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツでやっているAnish Kapoor(アニッシュ・カプーア)の彫刻。

楽しい彫刻でしょう〜?

「Tall tree and the eye(高い木と目)」と題するこのステンレススチールの彫刻、金属であるにもかかわらずまるで生き物を醸し出す面白さ。

ステンレスで、まわりの様子をそのまま反射しているのもよく計算されているように思います。

 自分が動くとともに見えるものも変化。

 スチールなのに圧迫感もなし。

1991年にターナー賞を受賞しているという、カプーア氏の個展も観たかったけれど、とにかく長い列で並ぶ気になれず、、、

というか、お友達のところへ行っている長男を迎えにいかなくちゃ行けなかったんですが。

また今度、出直して来ようかな〜。



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. いつも思うのですが、ねこなすさんちの近くの森は
    ほんとに童話の中に出てきそうですよねー。
    いいな~。
    こんなところをお散歩できるなら(憧)って思いますが
    毎日だと、そうも言ってられないのかも…。
    スチールの木、なんだかかっこいいですね。
    きれいー。
    にゃんぼだったら30分は徘徊してるはずです(笑)

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    森、たしかにいいんですが、、、ゴミとかもいっぱい落ちてたりするんですよ。(ぶー)
    日曜日から木曜日まで散歩してました。
    まぁ午後の散歩は子供たちでやってるのでいいけど。
    週末はビリーは男組でお出かけなので、とっても静かでよかった!
    スチールの木、うちの庭にも欲しいくらいー。
    にゃんぽちゃん、あの周りをきっとグルグル回ると思います。(笑)
    見飽きないですよ、ほんと。

    ReplyDelete