Monday, 16 February 2009

ダーウィンの家

今週はハーフタームの休暇で子供たちがお休み。

ダンナもそれに合わせてお休みを取りました。

それでどこに行きたい?というので、私が選んだのはココ。

ケント州にあるDown House(ダウン・ハウス)です。

この家はチャールズ・ダーウィンが『種の起原』を執筆しながら家族と住んでいたところ。

修理作業のために休館中でしたが、つい最近また開館しました。

今年はダーウィンの生誕200年だし、ちょうどいいタイミングですね。

家の中は撮影禁止なので、残念ながらブログで紹介することはできませんが、庭からのダウン・ハウスをみるとこんな感じ。

ダーウィンの書斎には、彼が使用した顕微鏡などが並べられ当時の様子が再現してあり、ここであの進化論を研究していたのかと思うだけで感動!

当時キッチンだったところはティールームになっています。

私たちもスコーンと紅茶のクリーム・ティーなどを楽しんできました〜。

そして庭にはグリーンハウスやキッチンガーデンも。

こうやって、研究を重ねていたのかと思うと、ほんとに偉大なダーウィンが身近に感じられます。

子供たちもオーディオ・ツアーを熱心に聴きながら、まじめにあちらこちら回っていたので、とっても楽しんでいたよう。

そして、ダウン・ハウスの庭で見つけた小さな春。

snowdrop(マツユキソウ)がこぞって咲いていました。

春はすぐそこまで来ているみたい!



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

4 comments:

  1. ねこなすさん、こんにちは
    一見可愛らしいお宅ですが
    ここから進化論が生まれたとおもうと
    空気も違うのでしょうね。
    ダーウィンもお庭で
    春を感じたのかしら?

    先日の渋柿ですが、ヘタに焼酎をつけて
    袋に入れて数日密封すると
    渋が抜けるそうです。

    ReplyDelete
  2. おおお、大きいおうちなのですねー。
    ダーウィン!
    ほんとに住んでたんですね。
    (そりゃ、どっかに住んでるわけですが)
    お子さん達も、ますます知の興味が!
    羨ましいー!

    ReplyDelete
  3. ひのっこママさん、こんにちは〜。

    とっても立派なお家でした〜。
    みんなで、こういうお家に住みたいねーと話していました。
    ダーウィンが、この家で生活して庭を散策していたと思うと、なんだかとっても感動しました。
    渋柿ってヘタに焼酎をつけて密封するだけで、渋が抜けるんですね。
    といっても私には活用できませんが、、、。

    ReplyDelete
  4. tatasumakinecoさん、こんにちは〜。

    いいなー、ダーウィン。
    資産家だったんですよね、、、奥さんも(ウェッジウッド)。
    で、この家も立派です。
    でも資産家にしてはこじんまりなのかな?
    子供たち、最後の方はちゃんとオーディオ・ツアー聴いてなかったようですけどね。(笑)

    ReplyDelete