Friday, 27 June 2008

アメリカから旧友来たる

昨日、シカゴから友達とそのボーイフレンドが遊びにきました。

フランスに休暇で来ていたのですが、その帰りにロンドンに寄ったのです。

彼女と会うのは、長男を妊娠していた時にシカゴに遊びにいったとき以来なので、なんと10年ちょっと振り。

そんな時間も感じさせず、すぐおしゃべりに花が咲きました♪

その友達たちを連れて、今日は市内観光に行ってきました。

私は長男を小学校へ迎えにいく時間があるので、ずっとはお付き合いできなかったのですが、あちらこちらへ一緒に行ってみました。

もう15年ほどロンドンに住んでいる私ですが、友達たちのリクエストで初体験したものがあるんですよ。

ロンドン観光には必須かも・・・という衛兵交替。




今までわざわざ時間に合わせていったことなどなくて、たま〜に偶然その一部を見かけたことはあるのですが、、、。

交替の時間が近づくと、スゴい人集りです。

馬に股がった警察官も、あちらこちらにいましたよ。

何度見ても、馬に股がった警察官っていうのはとっても素敵に見えます。

警察官が素敵、というより馬が、、、ですけどね。

しばらく待っていると、衛兵交替が始まりました〜。

もう、友達たちは大興奮。

ロンドンまで来た甲斐があったね〜。

その後は、セント・ジェームス・パークの中を散歩しながら国会議事堂とビッグ・ベンの方へ向かったのですが・・・

その途中に遭遇したのはこちら。

セント・ジェームス・パークのペリカンは有名なのですが、こんな近くにいるのを見たのは初めてです。

以前、ペリカンがカモを飲み込もうとしている現場に出くわしたことがあります。

私と子供たちで目が釘付け。

もちろん他の公園にいた人たちもカモの行く末を心配して凝視。



カモがペリカンのくちばしの中で暴れて、やっと口から飛び出してきた時にはみんなで拍手大喝采。

そんな想い出のあるペリカンも、今日は大人しく散歩していましたよ〜。



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ



答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

楽天トラベル 海外航空券予約

7 comments:

  1. ペリカンーーー!!
    怖いです;
    八景島シーパラダイスで、餌買うとペリカンに餌あげられるんですけど、子供達が鯵かなんかあげてまして、私は恐怖でひきつりながら遠くから見つめていましたー。
    鴨を食べようだなんて、野蛮だわー!
    共食いじゃないですか!
    許し難いです;

    ReplyDelete
  2. ペリカンの話で興奮してお友達のこと何も触れず申し訳ありませんでした;
    衛兵交代見れてよかったですね!
    やっぱりイギリスに行ったからには!!
    ご接待お疲れ様でした!!
    楽しい疲れですね☆

    ReplyDelete
  3. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    きっと怖いのではないかと思いました!
    タダでさえ巨大ですから、ペリカン。
    カモを食べたきっかけは何なのかわかりませんけど、よっぽどお腹が減っていたのかな?あれはけっこうショックでしたよ〜。
    私も初めて衛兵交替を観れたのでよかったです。でもけっこう長かったので、もういいです〜。もっとロンドンに良いところあるんだけどなぁ、、、まぁ人それぞれ興味があるところは違いますからね。
    今度はいつ会えるのかな〜。次は10年も時間をあけないようにしようね、と約束しましたけどね。

    ReplyDelete
  4. お友達との再会、楽しい時間だったことでしょうね。古いお友達って、時間がたっても会えばすぐ「あの頃」のように楽しくおしゃべりできるから不思議ですね。

    私もこの週末、学生時代のお友達に会いに行ってきたところです。15年来の友人で、3ヶ月ぶりですが、働いていた頃はブランクがあったのに、結婚して母となり、会う頻度が増えた気がします。

    ペリカンってそんな残酷な一面があったのですね!絵本とかアニメとかでも、ペリカンは比較的優しいキャラクターのイメージだから、子供には見せたくない現場ですね。

    ReplyDelete
  5. ねこなすさん、こんにちは。
    ここのペリカン鴨とか鳩とか食べちゃうんですよ。
    前にアメリカ人が抗議して、動物園に移されてしまったペリカンもいます。
    お魚を食べるってことは、肉食なわけですから、変ではないと思うんですが、キリスト教徒にとったらショックかもね。
    ペリカンはキリスト教では自己犠牲のシンボルなんですよ。
    食べ物がないときに、自分の胸をつついて血を子供たちに飲ませるという話があります。
    どこまで本当かは知りませんが、教会の聖歌隊の席や柱の彫り物によく登場します。

    セントジェームス公園は水鳥の種類で有名ですが、パーラメントスクウエアーに抜ける道の名前がバードケージウォーク(鳥籠通り)なのも面白いです。

    ReplyDelete
  6. ひのっこママさん、こんにちは〜。

    ホントに楽しかったです〜。もうちょっとゆっくりして欲しかったですよ。子供たちも母親の新しい一面を見て面白かったみたい〜。
    ひのっこママさんもお友達と楽しいひとときを過ごしたようですね!こういうお友達は大切にしたいですよね〜。
    スゴい獰猛みたいです、ペリカン。カモがもがいてもなかなか諦めませんでしたから。みんなその場に居合わせた人たちは緊張の面持ちでした〜。

    ReplyDelete
  7. mikiさん、こんにちは〜。

    もう「ひぇ〜っ」という感じでした、、、食べちゃうのですか。スゴいです、、、だってかなり大きいですよねカモだって。もがいていた時に足が飛び出してましたよ。たしかに肉食ということはわかりますが、お魚だけじゃないんですね〜。
    ペリカンはキリスト教では自己犠牲のシンボルということですが、まったく自己中心でしたよ、あのペリカンは!(爆)
    私もバードケージウォークのことを考えていました。昔はあの公園で動物たちを飼っていたということを聞いたことがあるので、その頃には大きな鳥かごにいろいろ飼っていたのかもしれないですね!

    ReplyDelete