Saturday, 5 April 2008

ホントになるかな…宿題廃止?

昨夜(日本時間の5日早朝)に、FMラジオ局・J-WAVEで放送中の『KISS&HUG』という番組の「ハグハグリンリン」というコーナーに、ロンドンから生放送で出演(?)しました!

先月イギリスで報道されたのですが、英教員・講師組合(ATL)が政府に小学校での宿題禁止を要請するというニュースがありました。

そのニュースついて簡単な背景などをリポートさせていただきました〜。

イギリスには未だに階級制度が存在し、住んでいる地域によっては貧富の差がかなりあります。

特に(家庭的に恵まれていない)貧困層の子供は宿題を持って帰っていっても、家庭内での助けがなく、ますますストレスがたまりやる気も失せ勉強嫌いになってしまう、という悪循環が生まれるということです。

その一方でミドルクラスとよばれる中流家庭の子供たちは、両親が教育熱心なために過剰な期待が子供にストレスになってしまい、宿題が原因で家庭内のいざこざが増えてしまう場合が多い、というリサーチもあるそうですよ。

報道ニュースに基づいたそういったお話をさせていただいたのですが、イギリスで宿題を禁止なんてされたら、ホントに学力がつくのか疑問です。

イギリスの公立学校では日本のように教科書があるわけではないので、親が関心を持って学校の先生に聞いたり宿題をみながら子供の勉強をみてあげないと、学校で何をやっているのかもわかりません。

学校からは定期的にどのような学習をしているかなどを報告するプリントを配ってくれてはいますが、それだけでは何とも心許ないし。

先生との面接の時になるべくいろいろ詳しく話しを聞くことは出来ても、それも1年に2〜3回。

やっぱり宿題があってこそ、学校と家庭の連絡も取れると思うんだけどなぁ〜。

そんな宿題禁止提案をよそに、我が家の小学校5年生の長男はイースター休暇(春休み)に突入し、しっかり宿題も抱えてきました(笑)。

宿題廃止はんた〜い!!!



日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ



答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

楽天トラベル 海外航空券予約

No comments:

Post a Comment