Wednesday, 21 November 2007

Child Benefitの恩恵と不祥事

イギリスでは誰でも、子供が産まれるとChild Benefit(チャイルド・ベネフィット)という支給金がいただけます。

いわば日本の児童手当。

これは16歳以下の子供がいる家庭なら無条件でいただけるのですが、自分で申請しないといけません(条件によっては16歳以上の子供でも支給されるようですが…)。

週に1人目は£18.10(約4000円)、2人目からは£12.10(約2700円)支給されます。

だから月額にするとけっこうなものです。

年ごとにその支給額も僅かずつですが増えてきました。

そんな恩恵を受けているチャイルド・ベネフィットですが・・・・・

昨夜のニュースで、Inland Revenue & Customs(歳入関税庁)が「約2500万人のチャイルド・ベネフィットを受けている家庭の個人情報の入力されたCDディスク2枚を紛失した」ということが報道されました。

データには、親子の名前、住所、生年月日、国民保険番号、銀行口座などが含まれているというから、ただ事ではありませんよ。

ねこなすの情報もきっとそのディスクに入っているに違いないわけだしね。

どうしてくれんのさぁ!!

こういう情報を外に漏らさないように一番注意しているっていうのに、政府が勝手に漏らしてどうすんの。ドアホ!!

この情報を使ってねこなすや子供たち名義でパスポートやクレジットカードを作られてしまう、なんてこともあり得るし。

そのディスクの紛失の経緯っていうのも、信じられません。

郵便局ではなく民間運送業者を使ったみたいですけどね。

それでCDが届かない、ってことになってまたコピーをつくって、今度はあの郵便局の書留で送って、その分は届いたらしいです。

ここまで政府の情報管理が杜撰だと、何を信用していいのかわかりませんね…まったく。

これからも毎日オンラインで銀行口座をチェックしておかないと・・・。



日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もクリックで1票ずつお願いします!
 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

今日からカウンターいれてみました。
たくさんのご訪問をお待ちしていま〜す。

No comments:

Post a Comment