Monday, 29 October 2007

Pembrokeshire Coast National Park (3)


今度はSolva(ソルヴァ)という村からウォーキングに出発。

このコースは約5マイルちょっと…8kmくらい。

港はちょうど引き潮で、ボートが泥の中に座っていたりするのでした。


ソルヴァの港から登っていって、後ろを振り返ってみると、こんな感じに村が見えます。

朝陽を受けて村全体がとっても綺麗。





そして前に目をやれば、視界が広がり海が広がっているのです。



しばらく歩いていくと、こんな崖っぷちに…これでも一応ウォーキングのコース。

あんまり近づくと、落ちそうで怖い。




あまり見慣れない野鳥を見かけました…Peregrine Falcon(ハヤブサ)らしき鳥が3羽頭上を飛んでいたのです。

おそらく野ネズミなどの小動物を探して飛行していたのでしょう。

この遠くに見えるのがさっき出発したソルヴァの村。

それからこの辺りの茂みで、今度は本で読んで話しには聞いていたChough(ベニハシガラス)がすぐ側を飛んでいきました。

この鳥は一見カラスのように見えますが、よく見ると赤くて長い嘴、足も赤いのです。

これは下町ロンドンでは絶対見られない鳥なんですよ!

子供たちと一緒にちょっと興奮してしまったねこなすです。







そしてウォーキングは続き…ゲートを跨いで農場を横切って道なき道を行く私達。





すみませんね、お食事中…ちょっとお邪魔しています。







こういう木材でできた道標ってとっても味があります。

字もちょっとぼやけ始めていて頼りなげな気もするけど、いい感じ。





ソルヴァに戻ってから、お昼はこのパブへ…The Cambrian Inn(カンブリアン・イン)。





私のはButty Bach(バティ・バック)というWye Valley Brewery(ウェイ・ヴァリー醸造所)の地元エールで、ハーフ・パイント。

よく歩いた後は美味しいビール。

ダンナはサイダー…ちなみにウェールズのではありません。

このパブのご飯も結構いけました。私のお昼ご飯は「今日のオススメ」のメニュー、「地元で捕れたカニのサラダ」。

ダンナはフィッシュ・パイ、子供たちはフィッシュ&チップス。





そしてこの日の夕日…こんな素敵な夕日は久し振り。



日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
ウェールズの夕日がとっても素敵、と思ったらクリックをお願いいたします!
 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

No comments:

Post a Comment